低体温症 症状 頭痛

スポンサード リンク



低体温症 症状 頭痛 について

a0002_007555

低体温症の症状の一つに頭痛があります。

 

低体温症は、食べたものを熱に変えることが

できなくなることで起こります。

 

ビタミンやミネラルが不足すると、

食べたものを熱に変えることができなくなります。

 

そうなると、

体内のあらゆる臓器・器官が正常に働かなくなります。

 

体内の各臓器・器官は、ある一定の温度のもとで、

正常に働くようにできています。

 

ですから、一定の温度を保てなくなると、

あらゆる臓器・器官が正常に働かなくなるのです。

 

そして、血液の流れも悪くなります。

 

それで、頭の血液の流れが悪くなれば、頭痛がするのです。

 

 

また、肩こりや首のこりが原因で頭痛が起こりますが、

肩周りや首の回りの血流が悪くなると

肩こり、首のこりが起こりますので頭痛がします。

 

 

低体温症による頭痛は、

頭痛薬で一時的には症状を和らげることができます。

 

しかし、低体温を改善しなければ、

薬の効き目が切れた時に再び頭痛がします。

 

頭痛薬を飲み続けると、薬の対しての免疫ができてしまうので、

頭痛薬が効かなくなります。

 

そうなったら、頭痛を緩和することができなくなります。

 

ですから、低体温症による頭痛は、

低体温症を改善しないと治らない、という事になります。

 

 

低体温症に対する特効薬はありません。

 

ですから、低体温症を改善するには、

根本原因を改善する必要があるのです。

 

低体温の原因は、食事の栄養バランスが崩れていることのほかに、

ストレス、睡眠不足、運動不足、

冷房の効きすぎている部屋に長時間いること、

などがあります。

 

まずそれらの原因を改善する必要があります。

 

外食が多く、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない場合は、

サプリメントなどで不足しがちな栄養を補ったほうがいいですね。

そして、ショウガなど体を温めてくれる成分が入っているものを

選ぶといいでしょう。

 

ストレスがたまっている場合は、ストレスを発散しましょう。

 

睡眠不足の方は、時間を見つけて少しでも寝たほうがいいでしょう。

 

冷房が効きすぎている部屋に長時間いる場合は、

服装で調整するといいでしょう。

 

 

そして、低体温症の根本原因を解消していくのと同時に、

お風呂はシャワーで済まさず湯船に浸かったり、

体を温める食べ物を食べたり、

朝起きたら朝日を浴びて、朝食をしっかり食べたり

していくといいでしょう。

 

そういったことを行っていけば、

自然と低体温症を改善でき、頭痛が気にならなくなるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)