自閉症スペクトラム障害 特徴

スポンサード リンク



自閉症スペクトラム障害 特徴 について

a0001_014027

自閉症スペクトラム障害(じへいしょうスペクトラムしょうがい、ASD)は、

①社会性障害
②コミュニケーション障害
③想像力障害

の3つの障害のうち1つ以上の障害を持っているものです。

軽度の障害も含まれます。

 

それぞれの障害の特徴を見ていきましょう。

 

社会性障害は、

会話をしていてもなかなか目を見てくれなかったり、

周りの空気を読むことができなかったり、

人の気持ちが読めなかったり、

などといった特徴があります。

 

コミュニケーション障害は、

言葉をその通りに受取ってしまって、
冗談や比喩(例え)、言葉の裏の意味がわからなかったり、

人の質問に答えることができなかったり、

話しかけるとオウム返しに答えたり、

会話が困難だったり、

などといった特徴があります。

 

想像力障害は、

飽きることを知らず特定のものにこだわったり、

順番や位置にこだわったり、

などといった特徴があります。

 

 

知的障害を伴う自閉症スペクトラム障害、つまり自閉症の場合は、

全くと言っていいほど会話がかみ合わないので、

すぐにわかると思います。

 

 

しかし、自閉症スペクトラム障害で知的障害がない場合は、

ただの大人しい人と見えてしまう事があり、

判断しにくい場合があります。

 

 

知的障害がないが、上の3つの障害を併せ持つ高機能自閉症や

上の①と③の2つの障害を併せ持つアスペルガー症候群は、

趣味が変わっていたり偏っていたりしますし、

一人を好んで友達ができにくい、といった特徴がありますので、

ちょっと話をすればわかることがありますし、

疑いは持つ事ができるので、検査して確かめることができますよね。

 

 

問題は、自閉症スペクトラム障害で想像力障害がない場合、

上の①だけ、あるいは①と②を併せ持っている場合です。

 

この場合、友達は作れますが、

集団行動や会話が苦手という特徴がありますが、

これを自閉症スペクトラム障害なのかどうかを判断するのは

ちょっと難しいです。

 

ただの大人しい人でも、

集団行動や会話が苦手そうに見えてしまいますよね。

 

また、一生懸命人と接しようとするので、

全く分からない場合もあります。

 

ただし、表情を見ていれば、

人と接しているときに苦手意識を持っていそうな感じが出ることもありますし、

場違いな言動をすることがあります。

 

それは、他人だけではなくて家族に対しても同じです。

 

自閉症スペクトラム障害なのか判断する場合は、

表情から行動から注意深く観察する必要がありますね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)