減圧症 自然治癒

スポンサード リンク



減圧症 自然治癒 について

a0800_000205

スキューバーダイビングをしている時に減圧症になる恐れがありますが、

減圧症は自然治癒することはないと考えたほうがいいでしょう

 

しかし、減圧症の症状が出たのに自然治癒した、

という話を時々耳にします。

 

それが本当のことであれば、

後々恐ろしいことになる可能性があります。

 

減圧症は、軽いと症状が出ないこともあります。

 

その場合、放置しておいたら、

血管が詰まってその先の組織が壊死(えし)する

可能性があります。

骨の組織が壊死したら、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の

ような状態になってしまうのです。

 

ですから、減圧症の症状が治まったからといって、

自然治癒した、と勘違いしていると、

組織が壊死すること以外にも、

重い後遺症を招く恐れもあるのです。

 

血液中の気泡が小さくなって、

関節の痛みがなくなる可能性はあります。

しかし、気泡がなくなることは考えられないので、

組織が壊死する可能性は残されています。

 

減圧症の症状が自然と治まった、としても、

病院に行って医師に事情をきちんと話して、

治療をしてもらったほうがいいでしょう。

 

かなり症状が軽くても、症状が治まっても、

病院で治療を受けるべきでしょう。

 

 

ただ、減圧症が自然治癒した、

と勘違いするような現象が起こった時、

実は他の病気だった、という可能性もあります。

 

減圧症の症状の中に、頭痛やめまい、しびれなどがあります。

 

これらの症状は熱中症と同じですよね。

 

また、減圧症は、

急減圧によって気泡が血液中に出来てから

1時間以内に症状が出ることがあります。

 

熱中症は、海から出て1時間も炎天下にいたら、

発症することがあり得ますよね。

 

減圧症で頭痛やめまい、しびれが発症したら、重症の可能性が高く、

それらの症状が自然に治まることは多分ないと思います。

 

ですから、頭痛やめまい、しびれなどが発症したけど、

自然と治まったという事であれば、

軽い熱中症だった可能性が高いと思います。

 

ただ、油断は禁物です。

 

減圧症で頭痛やめまい、しびれが発症したら、

重症で後遺症が残る可能性がありますので、

早めの治療が必要になります。

 

早く病院に行って、減圧症になっていないか

検査をしてもらったほうがいいでしょう。

 

減圧症の自然治癒はないと考えて、

もし症状が治まったとしても、病院で診てもらう事を

おススメします。

 

それ以前に、減圧症にならないように

ダイビングなどを楽しむことが大切ですけどね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)