RSウイルス 大人 症状

スポンサード リンク



RSウイルス 大人 症状 について

a0002_007561

RSウイルス感染症は、子供の病気と思っている方が

多いのではないでしょうか?

 

実は、大人になってもRSウイルスに感染します。

 

ただし、RSウイルスに感染したときの症状は、

発熱、鼻水、せきなどになりますが、

大人の場合、そんなにひどくならないことが多いです。

 

また、1週間前後で治ってしまう事がほとんどですので、

普通の風邪と勘違いしてしまうケースも多々あります。

 

 

RSウイルスにはほとんどの人が2歳までに感染します。

 

それで免疫が出来ているので、

大人になって再びRSウイルスに感染したとしても、

重い症状を発症しにくいのです。

 

ですから、乳幼児がRSウイルスに感染したときのような、

重い症状にはなりにくいのです。

 

大人がRSウイルスに感染したとしても、

風邪と勘違いして、風邪の時と同じように対処しても、

全然問題ない、ということが多いです。

 

風邪薬を飲んだとしても症状が悪化することはあり得ませんし、

また、RSウイルスの特効薬はありませんので、

薬を飲まないと症状が治まりにくくなるとか、

そういったことはありません。

 

 

ただし、お子さんなど家族がRSウイルスに感染している場合は、

注意が必要です

 

お子さんなどがRSウイルスに感染した時に、

大人が感染したとしてもそんなに重い症状にはならないだろう

と思って、何の予防策もしていないと、

大人でも重い症状になることがあります。

 

RSウイルスは、

感染している人がせきやくしゃみをしたときに、

ウイルスが空気中に飛び散って感染したり、

感染している人が触ったものによって感染したりします。

 

それで、RSウイルスに感染したお子さんなどに対して、

何も予防策をしないまま接してしまうと、

大量にウイルスを吸い込んでしまう事で、

大人でも症状が重くなることがあるのです

 

 

また、高齢者の方など、免疫力が低下している方は、

RSウイルスに感染すると症状が重くなることがあります

 

 

お子さんなど家族がRSウイルスに感染した時や、

RSウイルスが流行した時などは、

常にマスクをしたり、マメに手洗いやうがいをするなど、

RSウイルスの予防に心がけたほうがいいですね。

 

逆に、お子さんなどの家族がRSウイルスに感染していない場合でも、

風邪と思える症状になった場合は、

念のためRSウイルスに感染しているのではないか、と疑って、

対策をしたほうがいいでしょう。

 

症状が軽いのであれば、

大人の場合は病院に行く必要はないと思いますけどね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)