秋バテ予防

スポンサード リンク



秋バテ予防 について

a0002_004054

夏バテの季節がやっと終わったと思ったら、

今度は秋バテが待っていますね。

 

秋バテは夏バテにならなかった人ほど注意が必要です。

 

では、秋バテにならないために、

秋バテ予防について解説していきます。

 

 

秋バテの大きな原因の1つに、

秋になったのに夏の生活習慣から抜け出せないで

いることがあります。

 

つまり、涼しくなったのに薄着をしていたり、

エアコンをつけていたり、冷たいものを食べたり飲んだりしていると、

秋バテになりやすくなります。

 

熱中症対策を兼ねて

エアコンをつけっぱなしで寝ている方も多いと思いますが、

寝るときはエアコンを消したり温度を上げたりすると、

秋バテ予防になります。

 

また、薄着のまま寝ると

明け方に肌寒さを感じることもあります。

 

特に下半身を冷やさないようにすることが大切ですので、

パジャマを工夫したほうがいいですね。

 

また、夕方から夜にかけては

薄着のままだと肌寒さを感じることもあると思います。

 

肌寒さを感じたらもう一枚服を着るなど、

服装に気を付けると良いでしょう。

 

 

秋バテのもう一つの原因は、

夏に受けたダメージを引きずっていることです。

 

夏になると、冷たいものをたくさん食べがちだと思いますが、

それだと胃腸が弱ってしまいます。

 

秋になったらなるべく冷たいものは避け、

温かいものを食べるようにすると秋バテ予防になります。

 

また、夏の暑さで体力が消耗しがちです。

 

消耗した体力を回復するために、

1日3食バランスの取れた食事を

しっかり食べるようにすると良いでしょう。

 

 

また、夏にエアコンの効いたところに長時間いると、

自律神経が乱れがちです。

また、体が冷えて血液の流れが悪くなりがちです。

 

それで、秋バテを予防するには、

体を温めることが大切になります。

 

お風呂はシャワーで済ませず、

ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるといいでしょう。

 

半身浴や足湯などもおすすめですね。

 

また、軽い運動をするのもおすすめです。

 

30分程度ウォーキングをすることで、

血液の流れが良くなったり、気分がスッキリしたりして、

秋バテ予防になります。

 

 

また、季節の変わり目は寝つきが悪くなったり

疲れやすくなったります。

 

これは自立神経の乱れが原因です。

 

朝起きたら日を浴びたり、

夜はぬるめのお風呂に入ったり、

心が落ち着く音楽を聴いたりしてリラックスをすると

自律神経の乱れが改善され、秋バテ予防になりますよ。

 

 

秋バテは、普段のちょっとした事を気を付けるだけで予防できますので、

気を付けておきたいものですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)