目黒のさんま祭り 行列

スポンサード リンク



目黒のさんま祭り 行列 について

上の動画は、2010年の目黒のさんま祭りの様子です。

 

見ていただければわかると思いますが、

所々で大行列になっているのが見えますよね。

 

目黒のさんま祭りは、

さんまの炭火焼が無料で配布されるという事で、

毎年大行列ができるんです。

 

2012年の場合で説明します。

 

目黒のさんま祭りは朝の10時からですが、

明け方の5時ごろにはすでに列ができていたそうです。

 

そして、朝の8時には約1,000人の行列ができていた、

という事なんです。

 

そして、開催時間の10時には、

行列の長さが1km近くになっていた、

という事です。

 

もう、10時過ぎには

「3~4時間待ちです。

並んでもさんまを食べられるかどうかわかりません。」

というアナウンスが流れたそうです。


大きな地図で見る

上の地図のⒹの地点がさんまの配布場所ですが、

Ⓐの地点付近から行列ができていたようです。

 

実際に10時に並び始めた人は、

3時間以上並んでやっとさんまを食べることができたという事ですよ。

 

おそらく、8時の時点で1,000人の行列ができていたという事は、

8時に並び始めても10時から配布ですから、

さんまを食べるまで3時間近くかかったと思います。

 

まあ、時間が遅くなると食べることができるかどうか

わからないですから、

早めに行って並んだほうが良いと思いますけどね。

 

目黒のさんま祭りは、

テレビのニュースで取り上げられていることもあって、

毎年来場者数が増えているそうです。

 

また、2012年はさんまの値段が高騰したこともあって、

来場者数が例年に比べてかなり増えた、

ということです。

 

2013年はさらにさんまの値段が高騰しましたから、

さらに来場者が多くなるのではないかと思います。

 

10時から並び始めても、

3時間ではさんまを食べることができないかもしれませんよね。

 

そして、2012年は10時から並び始めても

さんまを食べることができたそうですが、

2013年は食べることができない可能性もありますよね。

 

ですから、早めに並んだほうが良さそうですね。

 

また、目黒のさんま祭りが開催される時期は、

まだまだ残暑が厳しいです。

 

ですから、目黒のさんま祭りで行列に並ぶ方は、

なるべく薄手の服装をしたほうがいいでしょう。

また、水を携帯して行列に並んでいるときは

水分補給をこまめにして

熱中症対策をしたほうがいいでしょう。

防止や日傘などを持って行ったほうがいいですね。

 

あと、さんまだけを食べるのも寂しいので、

ご飯を持って行ったほうが良い、なんていう声もあります。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)