秋雨前線 雷

スポンサード リンク



秋雨前線 雷について

a1020_000143

例年、8月終わり頃から10月頃まで日本列島を覆っている

秋雨前線による秋雨は、

通常、雷を伴わないしとしととした弱い雨になることが多いですよね。

 

秋雨前線は梅雨前線と同じように停滞前線と呼ばれ、

しとしととした弱い雨を降らせるのが特徴ですが。

 

秋雨前線は、暖かい太平洋高気圧と大陸の冷たい高気圧が

ぶつかったところにできる前線です。

 

暖かい高気圧と冷たい高気圧は勢力が同じくらいですから、

暖かい空気が押し上げられにくいので

雷を伴った雨が降りにくい、という特徴があります。

 

雷を伴った大雨が降るメカニズムは、

ゲリラ豪雨のメカニズムを考えるとわかりやすいと思います。

 

ゲリラ豪雨は地上の暖かい空気が上昇して、

上空の冷たい空気とぶつかった時に大気が不安定になり、

雷を伴った大雨になりますよね。

 

つまり、空気の上昇すると、

雷を伴った激しい雨が降りやすくなります。

 

しかし、秋雨前線は空気の上昇が起こりにくいので、

雷を伴った激しい雨が降りにくいのです。

 

 

しかし、時には雷を伴うような激しい雨が降ることがあります

 

 

まず、秋雨前線は秋の台風と重なることが多いですよね。

 

秋に台風が日本列島に向かって北上してくると、

秋雨前線に向かって暖かくて湿った空気が流れ込みます。

 

そうなると、積乱雲が発達して激しい雨が降り、

雷を伴う事があります。

 

また、上空に冷たい空気が流れ込むことで、

大気の状態が不安定になって雷を伴った激しい雨に

なることがあります。

 

 

秋雨前線と梅雨前線が比較されることが多いですが、

秋雨前線は梅雨前線ほど長期にわたって滞在しません。

 

しかし、秋雨前線は雷を伴った雨を降らせることがありますので、

雨量は秋のほうが多くなる傾向にあります。

 

 

8月はゲリラ豪雨で雷が多いですが、

9月~10月も雷のなる日があります。

 

雷に打たれて命を落とす方もおられますので、

ぜひ気を付けたいものですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)