自責点 ホームラン

スポンサード リンク



自責点 ホームランについて

a0050_000108

野球で、ホームランを打たれているのに自責点ゼロってどういう事だろう?

と疑問に思ったことはありませんか?

 

野球において自責点とは、ピッチャーの責任とされる失点のことを指しますね。

 

ホームランを打たれるのは、ピッチャーの責任による失点に思えますから、

自責点がゼロというのはあり得ないだろう、

なんて考えてしまう方が多いようです。

 

しかし、ホームランを打たれても自責点ゼロということはあります

しかも、そんなにも珍しくはないのです。

 

ピッチャー以外の責任でホームランを打たれることなんてあるのかなぁ?

と疑問を持つ方がいるかもしれません。

 

しかし、そういう考えるのは、自責点の意味が若干ずれています。

 

自責点は、ホームランを打たれた責任ではありません。

 

失点した責任がピッチャーにある場合です。

 

つまり、ホームランを打たれた責任がピッチャーにあっても、

ホームランを打たれる機会を与えた責任が他にある場合は、

自責点がゼロになるのです。

 

ここまでの説明ですとちょっとわかりにくいと思いますので、

例を挙げて説明します。

 

2アウトから味方のエラーによってヒットになった後に、

ホームランを打たれたとします。

この場合は、味方がエラーをしなかったら

3アウトでチェンジになっていたわけですね。

という事は、味方がエラーをしなかったら、

次に打順が回らなかったのでホームランを打たれなかった、

と考えるわけです。

そういった場合に、ホームランを打たれても自責点はゼロになるわけです。

 

極端な話ですが、2アウトで味方がエラーした後に、

何本ホームランを打たれても自責点はゼロです。

 

 

また、味方のミスが3度あって、

3アウトになったはずが味方のミスによって全てセーフになった場合、

それ以降何本ホームランを打たれても自責点はゼロです。

 

ですから、ノーアウトでホームランを打たれても

自責点ゼロはあり得ます。

 

 

それ以外にも、味方のエラーによってランニングホームランになった場合も、

自責点はゼロになります。

 

 

あと、1塁にランナーがいる時にピッチャー交代になった場合、

ホームランを打たれたら、

そのピッチャーの失点は2ですが、自責点は1になります。

そして、交代前のピッチャーの責任で1塁に出塁した場合は、

前のピッチャーの自責点が1になります。

 

 

ちなみにピッチャーの責任でセーフになったかどうかを判断するのは記録員です。

 

味方がミスをして、ランナーが2塁まで行ったけど、

ミスをしなかったとしても1塁には出ることができていてアウトにならなかったのか、

それともミスがなかったらアウトになっていたか、

判断をするのは記録員です。

 

味方がミスをしなくてもアウトにはならなかった、と記録員が判断したら、

その後のホームランによる失点は自責点になります。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)