ペルセウス座流星群 観測場所 東京

スポンサード リンク



ペルセウス座流星群 観測場所 東京について

上の動画は2012年8月12日のペルセウス座流星群の様子です。

長野県南部で撮影されたものです。

 

では、東京近辺のペルセウス座流星群の観測場所は、

どこがいいのでしょうか?

 

おススメの観測場所を紹介します。

 

東京都内ですと、奥多摩がおススメの観測場所になります。

 

ペルセウス座流星群は、都心だと街の明かりが邪魔で

きれいにみることができません。

 

 

ですから、都心から少し離れた奥多摩が

きれいに見える場所としておススメです。

 

奥多摩湖周辺は、空がけっこう暗くてきれいに見えますし、

無料駐車場もいくつかありますから、

車で行くのには非常に便利だと思います。

 

圏央道の青梅ICからも、中央道の八王子ICからも

約1時間くらいで行くことができます。

 

 

東京都内のペルセウス座流星群の観測場所として

八王子の陣馬山をおススメする方がいます。

 

陣馬山は、周辺では一番高い山になりますので、

かなり視界が良いです。

 

ただし、和田峠までは車で行けますが、

そこから山頂まで20分程度登山道を歩かないといけないです。

また、奥多摩湖周辺に比べると空が明るいです。

 

中央道の相模湖ICから和田峠まで車で約30分です。

 

 

しかしペルセウス座流星群の観測場所を

東京都内に限定するよりかは、

その周辺まで広めたほうが、

もっときれいに見える場所があります。

 

車で行くのも便利で、なおかつ夜空が暗くてきれいなのが

神奈川県と静岡県の県境にある足柄峠です。

 

足柄峠は空が暗く非常にきれいに見えます。

 

また足柄城址など観測に適した場所があるので、

このこともおすすめのポイントになります。

 

東名高速の御殿場ICから、車で30分くらいです。

 

 

東京都心から奥多摩湖までは、

中央道の高井戸ICから八王子ICまでが約30分、

そこから奥多摩湖まで下道で1時間くらいです。

 

東京都心から足柄峠までは、

東名の東京ICから御殿場ICまでが約1時間、

そこから足柄峠まで下道で約30分です。

 

東京都心からは奥多摩湖も足柄峠も、

車で行くと所要時間は変わりません。

 

それなのに、足柄峠のほうがきれいに見えますから、

私は足柄峠のほうがおススメです

 

「そんなにキレイに見えなくてもいいから、

もっと手軽に行ける場所はないの?」

と思っているのであれば、

小金井公園や狭山公園からも

ペルセウス座流星群を観測することはできるかもしれません。

 

観測できたとしてもせいぜい2個~3個見える程度だと思いますけどね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)