夏型過敏性肺炎 症状

スポンサード リンク



夏型過敏性肺炎 症状について

a0002_007492

6月から10月にかけて発症する夏型過敏性肺炎は、

せきや発熱などの症状を呈します。

 

ということは、夏型過敏性肺炎の症状は夏風邪の症状と非常に似ています。

 

医者で診てもらっても、夏風邪と誤診されることも非常に多いです。

 

夏型過敏性肺炎は、

原因となる菌(トリコスポロン)が離れると症状が治まります。

 

それで、夏風邪と勘違いした場合は、

症状が治まったと安心してしまいます。

 

夏型過敏性肺炎になった人は、

毎年夏になると夏型過敏性肺炎になる可能性が高いです。

 

それで、夏風邪と勘違いしていると、

「夏風邪になりやすい体質なんだ」

と勘違いしてしまいます。

 

それで、毎年毎年夏風邪になる、と思い込んでしまうわけです。

 

夏型過敏性肺炎にもかかわらず、夏風邪の治療をし続けていると、

肺機能が悪化して呼吸困難になる恐れがあります。

 

夏型過敏性肺炎は、実は非常に恐ろしい病気なのです。

 

ですから、夏風邪になりやすい、という自覚がある場合は、

夏型過敏性肺炎ではないか?と疑ったほうがいいでしょう。

 

 

では、夏型過敏性肺炎と夏風邪とでは症状などに違いはないのでしょうか?

 

 

夏型過敏性肺炎と夏風邪の大きな違いは、

夏型過敏性肺炎は息苦しさを感じる、という事です。

 

そしてもう一つ、夏型過敏性肺炎の原因は、

カビの一種であるトリコスポロンというものです。

 

カビですから、水回りや湿気の多いところに発生します。

 

それで、カビが発生しない場所に行くと症状が軽くなり、

カビが発生している場所に行くと症状が重くなります

 

ですから、家にいたら症状が重いのに外出したら症状が軽くなったなど、

場所によって症状が軽くなったり重くなったりする場合は、

夏型過敏性肺炎の可能性が高いです。

 

夏風邪ではそんなことが起こる可能性は極めて低いですよね。

 

夏型過敏性肺炎の疑いがある場合は、

病院で診てもらう際に医師に必ず告げてください。

 

夏型過敏性肺炎の疑いがあることを告げないと、

夏風邪と誤診される可能性があります。

 

そして、夏型過敏性肺炎の原因となる菌が

どこで発生しているのかを特定してください。

 

家で菌が発生していることがわかったら、

家中の菌を徹底的に掃除する必要があります。

 

キッチンやお風呂、洗面台、トイレなどの水を使うところは当然ですが、

エアコンから菌が噴出することもありますし、

あるいは節電でエアコンの使用を控えている場合は

室内が湿気で菌が発生しやすい状態になっている可能性が高いです。

 

床下浸水したお宅では、家の下に菌が発生している可能性もあります。

 

カビキラーなどのカビ取り洗浄剤を使って

徹底的にカビを取り除きましょう。

 

表面をふき取るだけではダメです。

 

家の壁や床を全面的に張り替えたり、引っ越ししたりしないとダメ、

という人がいるくらいです。

徹底的にカビを取り除く必要があります。

 

原因の菌が職場で発生している場合、

菌を取り除いてもらうようにお願いをしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)