秋分の日 おはぎ

スポンサード リンク



秋分の日 おはぎについて

non071

秋分の日の食べ物といえば、“おはぎ”ですよね。

 

お墓参りにいっておはぎをお供えしたり、

あるいはおはぎを食べたりしますよね。

 

 

では、なぜ秋分の日におはぎをお供えしたり食べたりするのでしょうか?

 

 

秋分の日は彼岸の中日と言われていますが、

秋分の日と前3日間と後3日間の7日間をお彼岸といいます。

 

秋分の日はその年によって違いますが、9月23日が秋分の日だとすると

前3日の20日が彼岸入り(お彼岸の始まる日)

後3日の26日が彼岸明け(お彼岸の終わる日)

20日~26日の7日間がお彼岸になります。

 

この時に先祖が現世に帰ってくる、と言われています。

 

先祖が返ってきたときに供養をするわけですが、

その時にお供えするのがおはぎですね。

 

 

 

それで、なぜおはぎなのかといいますと、

おはぎのあんこの小豆の赤い色は、

邪気を払う、災難から身を守る、と

昔から信じられています。

 

それで、邪気を払うという信仰と先祖の供養が結びついたために、

おはぎをお供えし、そして食べるようになった、と言われています。

 

 

さて、秋分の日はおはぎですけど、

春分の日は“ぼたもち”をお供えしたり食べたりしますよね。

 

おはぎとぼたもちは全く同じもの食べ物だ

という事をご存知でしたか?

 

実は

おはぎとぼたもちは呼び方が違うだけで全く同じ食べ物

を指します。

 

では、なぜ呼び方が違うのでしょうか?

 

おはぎは漢字で御萩と書きますが、

秋分の日の季節に萩の花が咲くのですが

萩の花に見立てたことからおはぎと呼ばれるようになったそうです。

 

それに対して、ぼたもちは漢字で牡丹餅と書きますが、

春分の日の季節に牡丹(ぼたん)の花が咲くのですが

牡丹の花に見立てたことからぼたもちと呼ばれるようになったそうです。

 

また、現代ではほとんど使われなくなりましたが、

おはぎには夏と冬にも呼び名が存在します。

 

夏は夜船、冬は北窓という呼び名があります。

 

 

名前の由来には諸説あります。

 

また、地方によっては、ぼたもちとおはぎが違う場合があります。

 

こしあんを使ったものをぼたもち、つぶあんをつかったものをおはぎ

というところもあるようです。

 

 

最近、秋分の日におはぎをお供えしたり食べたりする

家庭が減ってきている、ということですね。

 

時代の流れだからしょうがないと言われれば、

しょうがないのかもしれないですけどね。

 

しかし、たまには秋分の日におはぎを食べてみるのも

いいのではないか、と思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)