寒暖差アレルギー 対処法

スポンサード リンク



寒暖差アレルギー 対処法について

a0002_007492

花粉症でも鼻炎でも鼻炎ないのにせきやくしゃみ、鼻水が出る

寒暖差アレルギー

その対処法について詳しく説明します。

 

 

寒暖差アレルギーの疑いがある場合は、

病院で診てもらうことをおススメします。

 

寒暖差アレルギーと他のアレルギー性鼻炎の症状は、

区別がつきにくいです。

 

寒暖差アレルギーも他の花粉症などアレルギー性鼻炎も

くしゃみ、鼻水、せきといった症状が出ます。

 

しかし、対処法は違います。

 

ですから、本当に寒暖差アレルギーなのか実は他の病気なのかを

きちんと明確にしたうえで、

適切な対処法を実践するのが改善の一番の近道です。

 

ですから、病院に行って診てもらうようにする必要があります。

 

 

病院にすぐに行く時間がない場合は、

とりあえずの対処法としてせきや鼻水、くしゃみを

止めるだけにしたほうがいいでしょう。

 

せきやくしゃみを止めるのは、

生姜湯やはちみつレモンを飲むと良い、と言われていますが

そんなに大きな効果があるわけではないと思います。

また、鼻水は薬を使わないと即効で止まらない、

と言われていますね。

 

ですから、薬局などでせきどめや鼻水を止める薬を

買ったほうが良いと思います。

 

「せき、鼻水、くしゃみの理由がわからず、明日にも病院に行くのですが、

とりあえずせき、鼻水、くしゃみを止めたいんですけど…」

という感じで言うと、適切な薬を教えてくれると思います。

 

寒暖差アレルギーとアレルギー性鼻炎は症状がかなり似ています。

 

そして、名前に同じアレルギーと付きますので、

対処法が同じだと思っている方もいる、と聞きます。

 

しかし、寒暖差アレルギーは、

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因物質)によって

アレルギー症状が引き起こされるわけではありません。

 

寒暖差アレルギーは、

大きな温度差が刺激となってアレルギー症状を引き起こします。

 

アレルギー性鼻炎と寒暖差アレルギーは、

原因が違うので対処法も違います。

 

寒暖差アレルギーは、花粉症の薬を飲んでも、

ほとんど効果がない、と考えたほうがいいです。

 

ですから、病院で診てもらって、

本当に寒暖差アレルギーなのか性格に判断してもらったうえで

適切な対処をしていく必要があるのです。

 

 

さて、病院で診てもらって寒暖差アレルギーと診断されれば、

お薬が処方されると思います。

 

ですから、お薬を飲んで治すという事になると思います。

 

しかし、お薬を飲んで寒暖差アレルギーを治したところで、

寒暖差の刺激を受け続ければ再発します。

 

ですから、寒暖差の刺激を受けないようにする必要があります。

 

昼と夜の気温の差や日によって気温の差が激しい時は、

気温の高い時はできるだけ薄着になり、

気温の低い時はできるだけ厚着になることで、

寒暖差の刺激を和らげることができます。

 

また、冷房や暖房などによる寒暖差の刺激の場合は、

冷やしすぎたり温めすぎたりしないように

冷暖房の温度設定に注意する必要があります。

 

また、職場や公共的な場所で冷暖房が効きすぎて

寒暖差の刺激を受けることもあると思います。

 

そのようなことを想定して、着るもので調整出来るように

準備をしておくことも大切ですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)