盆踊り 由来

スポンサード リンク



盆踊り 由来について

a0006_002390

盆踊りの由来は、平安時代に行われていた

「念仏踊り(ねんぶつおどり)」とされています。

 

お盆は先祖の霊を迎え入れて供養し、そして送り出す期間になります。

 

「念仏踊り」は、お盆に先祖の霊を迎え入れて慰めるための踊り、

とされています。

 

ですから、盆踊りはもともと仏教行事の一つだった

という事になるんですよ。

 

 

それが鎌倉時代になって「念仏踊り」が全国に広まると、

仏教性が薄くなり、芸能色が濃いものになっていきました。

 

 

「盆踊り」という名称が出てきたのが

戦国時代(室町時代後半)と言われています。

 

 

盆踊りの由来と言われている念仏踊りとは

また別のものとして扱われるようになりました。

 

 

そして江戸時代以降は、娯楽性が高くなり、

人々が交流を深める場へとなっていったのです。

今となっては盆踊りは夏の娯楽行事の一つとなった感じですが、

娯楽性が高くなったのは江戸時代からなんですね。

 

盆踊りの絶頂期は江戸時代初期と言われています。

 

しかし、明治時代になると娯楽性が高くて治安を乱すものとして、

厳しく取り締まられるようになりました。

 

しかし、明治時代後半になると盆踊りが復活し

大正時代になると全国で様々な盆踊りが登場しました。

 

途中、戦争などの関係で盆踊りが消えそうになるのですが、

終戦とともに再び全国各地で盆踊りが復興、登場する様に

なったのです。

 

 

さて、盆踊りの由来である念仏踊りは、

東京の「佃島念仏踊り」や福島県の「じゃんがら念仏踊り」など

数は少なくなったものの今でも残っています。

 

 

上の動画は、東京の佃島念仏踊りです。

 

なんとなく盆踊りの由来である、という事を感じさせませんか?

 

ちなみに佃島念仏踊りは、東京の無形文化財に指定されています。

 

盆踊りは仏教色がほとんどなくなった感じがしますが、

念仏踊りは今でも仏教行事として扱われます。

 

ただし、江戸時代に治安悪化の原因とされててしまって

念仏踊りが取り締まられるようになったので、

多くの念仏踊りが消えてしまいました。

 

ですから、今でも残っている念仏踊りは、

数の少ない貴重なものといえるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)