小児がん 完治

スポンサード リンク



小児がん 完治について

doctor-79579_640

小児ガンは7割~8割完治する、と言われています。

 

小児がんは子供自身が症状を自覚できる事は非常に稀で、

ほとんどの場合、親が異変に気が付いたり、

定期検診や他の病気で診察したときに偶然発見されることが多いです。

 

ですから、小児がんは早期発見が非常に難しいです。

 

しかし、子供は大人に比べて臓器が丈夫なので、

大人よりもたくさんの量の抗がん剤を使うことができます。

 

また、医療技術が発達してきていますので、

小児がんの多くが完治するようになってきています。

 

実際に「小児がんは完治する病気」という

イメージが広がりつつありますね。

 

 

ただし、小児がんの発見があまりにも遅いと

手遅れになることがあります

 

小児がんで最も多いのが白血病ですが、

白血病の主な初期症状は風邪と非常に似ています。

 

白血病の主な初期症状は発熱や頭痛、腹痛などです。

 

医者でさえ小児がんの患者さんを

はじめは風邪と診断してしまうほどです。

 

また、小児がんになる方は少ないこともあって、

小児がんの知識を持っていない医者も少なくありません。

 

それで、間違えた治療をしてしまう事があります。

 

小児がんだとわかったら、小児がんの名医に

診てもらったほうが完治する可能性が高くなります。

 

小児がんの名医を紹介してもらうのは、

今は決して失礼なことではありません。

 

また、発熱や頭痛、腹痛などが1週間以上続いたら、

白血病の疑いがあります。

また、小児がんの初期症状は様々です。

ちょっとでも小児がんの疑いがあれば

小児がんの名医に検査をしてもらったほうがいいでしょう。

 

 

ちなみに小児がんは完治の明確なラインがありません。

 

がん細胞を完全に取り除いたところで

いつ再発するのかがわからないためです。

 

一応、がんの治療実績は

治療後5年間生存したかどうかで判断されますので、

5年間生存する状態になれば完治、という事が多いようです。

 

また、小児がんの治療をして後遺症が残ったとしても、

5年間生存する状態になれば小児がん自体は完治した、

とされています。

 

小児がんを完治した人の半数くらいは

後遺症で苦しい思いをしている、と言われています。

 

小児がんの後遺症は、

低身長、骨粗鬆症、不妊、記憶力低下などがあります。

 

これらの後遺症は小児がんの名医に手術をしてもらったからといって、

避けられる可能性が高くなる、というものでもありません。

 

医療技術がさらに発展をして、

後遺症が少しでも減って欲しいですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)