敬老の日に手作りのプレゼントを!~送って喜ばれるものとは?

スポンサード リンク



敬老の日 手作り プレゼントについて

illust413

「敬老の日に、おじいさんやおばあさんに何を贈ると喜ばれるのかなぁ?」

なんて、敬老の日が近づくと毎年悩んでいませんか?

 

そんなあなたに、敬老の日に送ったら喜ばれるプレゼントで

お薦めなものを紹介します。

 

敬老の日に贈るプレゼントは、どこかで買ってくるよりも

手作りのほうが喜んでもらえるのは間違いないでしょう。

 

何かを買ってきてプレゼントしても、

お孫さんからのプレゼントという感じがしませんからね。

 

そこで、手軽に作れて喜んでいただける、

手作りプレゼントを紹介します。

 

 

それはフォトブックです。

 

孫と撮った写真がたくさん入っているアルバムを、

もらって喜ばないおじいさん、おばあさんは

めったにいないと思います。

 

写真選びはちょっと大変ですが、

後はフォトブックのデザインやレイアウトを決めて注文するだけなので、

比較的簡単にできると思います。

 

楽天写真館などのネットのフォトブックサービスを使えば、

手軽にオリジナルのフォトブックを作ることができると思います。

 

 

ネットが苦手でデジタルカメラの写真をパソコンに取り込むことができない、

という方は、街の写真屋さんでも作ってくれるところが多いです。

 

お店で聞いてみるといいでしょう。

 

 

敬老の日におじいさん、おばあさんにフォトブックをプレゼントし、

その場で見てもらえば、話が盛り上がることでしょう。

 

写真にコメントを添えることができるサービスが多いので、

「おじいさんが買ってくれたランドセル」という感じの

メッセージを添えておくと、より喜んでもらえると思いますし、

話もより盛り上がると思います。

 

おじいさん、おばあさんにとっても

きっと楽しい敬老の日を過ごしてもらえる事でしょう。

 

おじいさんやおばあさんが遠方にお住まいで、

敬老の日に会いに行くことができない、という場合でも、

フォトブックなら宅配便等で送ることができます。

 

食べ物のように日持ちを気にする必要がありませんので

敬老の日に着くように日付指定をしておけば

早めに出しても大丈夫ですね。

 

 

もし、去年の敬老の日にフォトブックを送ったとか、

フォトブックにするような写真を用意するのが難しいなど、

フォトブックをプレゼントできない、という場合は、

絵を描いてフォトフレームに入れてプレゼントするのもいいでしょう。

 

お子さんから絵をプレゼントされて喜ばない親御さんはいないように、

お孫さんから絵をプレゼントされて喜ばないおじいさん、おばあさんは

いないでしょう。

 

ちなみに私が小学生の時のことですが、

おじいさん、おばあさんの絵を描いて敬老の日にプレゼントしたら、

喜んでくれたみたいで、

その後何十年もその絵が壁に飾ってありましたね。

 

私はその絵を見るたびにちょっと恥ずかしい思いをしましたけどね。

 

それくらい喜んでもらえると思います。

 

フォトフレームは近所の文具店などでも売っていますし、

ネットで検索すればたくさん出てきますよ。

 

ぜひ参考にしていただければ、と思います。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)