江戸川花火大会の穴場 篠崎公園の見どころと当日のアクセス方法

スポンサード リンク



江戸川花火大会 穴場 篠崎公園について
a1620_000648
(画像は江戸川花火大会とは関係ありません。イメージです。)

 

江戸川花火大会の超穴場スポットとして

知られているのが篠崎公園ですね。

 

篠崎公園は花火の打上会場のすぐ近くなので

花火を間近に見ることができます。

 

花火が目の前に大きく見える、と

評判の穴場スポットですね。

 

また、広い公園ですので、

寝転がりながら花火を見ることができます。

飲食をしながら花火を見ることもできますよ。

 

 

また、公園なのでトイレがいくつもあって助かる、

なんていう声もあります。

 

河川敷の簡易トイレは並んでいてなかなか使えないですからね。

 

篠崎公園は混雑はしますが、

花火大会の会場である河川敷ほど混みません。

 

ですから、トイレも並ばなくても良いでしょうし、

寝転がることも飲食をすることも問題ないのです。

 

 

さて、篠崎公園へのアクセス方法ですが、

都営地下鉄新宿線 篠崎駅から歩いて約15分です。

 


大きな地図で見る

 

しかし、江戸川花火大会当日は相当混雑します。

 

花火大会の会場である河川敷に行く人も

篠崎公園を目指しますからものすごい混雑します。

 

ですから、余裕をもって行動したほうがいいと思います。

 

江戸川花火大会は19時15分開始ですが、

17時くらいに篠崎駅に着いておいたほうが良い、

という方がいるくらいです。

 

 

篠崎公園へはバスが通っていますので、一応紹介します。

 

・JR総武線「小岩」から京成バス72系統「浅間神社」下車徒歩4分

・都営地下鉄新宿線「篠崎」から京成バス72系統「浅間神社」下車徒歩4分

 

ただし、これは江戸川花火大会の行われない時の行き方になります。

 

江戸川花火大会当日は交通規制のため、

京成バス72系統は迂回します。

 

そのため、17時以降は都営新宿線の篠崎駅に

バスが止まらなくなります。

 

江戸川花火当日は篠崎駅から誘導路が設けられますので、

その誘導路を歩けば篠崎公園に行くことができるでしょう。

 

もし、JR総武線小岩駅からバスに乗る場合は、

17時以降は「公園入口」が篠崎公園の最寄りに

なると思います。

 

しかし、河川敷で花火を見る方も同じバスに乗るので、

人が多くてバスに乗れない可能性が高くなります。

 

また、小岩駅から誘導路が設けられますが、

そちらを歩いても穴場スポットの篠崎公園へは遠回りになります。

 

江戸川花火大会当日は、篠崎駅から歩いたほうが無難でしょう。

 

 

しかし、江戸川花火大会が終わる時間20時30分以降は、

篠崎駅は毎年入場制限がかかるくらい混雑しています。

 

ですから、京成線の京成江戸川駅か都営新宿線の瑞江駅を

利用したほうがいいのかもしれません。

 

いずれも徒歩約30分です。

 

 

江戸川花火大会は非常に人気が高く、

観客動員数は日本一と言われています。

 

それだけ見どころの多い花火が盛りだくさんです。

 

そんな花火を人気の穴場スポットで見て、

夏の良き思い出にしたいものですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)