若年性心筋梗塞の症状は?

スポンサード リンク



若年性心筋梗塞 症状について

 

 

心筋梗塞といえば60歳代~70歳代の方がなりやすい、

というイメージはありませんか?

 

しかし、20歳代や30歳代の方でも心筋梗塞になる

若年性心筋梗塞になる場合があります。

 

 

若年性心筋梗塞の症状は、普通の心筋梗塞とほぼ同じです。

 

胸に痛みを感じ、呼吸困難や吐き気、冷や汗などを伴う事もあります。

 

また、若年性心筋梗塞には普通の心筋梗塞と同様

初期症状、前兆があります。

 

若年性心筋梗塞で倒れる前に、

胸の痛みや息苦しさを感じています。

また、背中に痛みを感じることもあるそうです。

 

すぐに治まってしまった場合、病院に行かないことが多いそうですね。

 

しかし、それを放っておくと大きな発作を起こすことがあります。

 

特に若い方は多少胸が痛かったとしても

まさか若年性心筋梗塞になるなんて思わない方が多いそうです。

 

また、心臓は体の中心部にあるのですが、

心臓が痛いのに胃の痛みと勘違いする人も多いようです。

 

心筋梗塞で心停止となった方の約6割が、

前兆を感じていた、という事です。

 

心臓に痛みを感じたら、すぐに治まったとしても

病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

 

若年性心筋梗塞になりやすい人がいます。

 

それは普段の食事で脂っぽいものをたくさん食べる人、

それとタバコを吸う人です。

 

ですから、ヘビースモーカーで脂っぽい食べ物が好きな方で、

心臓に痛みを感じたり息苦しさを感じたら、特に要注意です。

 

若年性心筋梗塞の初期症状と疑ったほうがいいでしょう。

 

 

 

今後、若年性心筋梗塞は増える傾向にある、と言われています。

 

食の欧米化にともなって脂質の多い食事を

食べる機会が増えるからです。

 

脂質の摂りすぎは若年性心筋梗塞だけではなくて、

がんや脳卒中といった生活習慣病になる可能性も

高くなります。

 

また、喫煙、不規則な生活、睡眠不足なども

若年性心筋梗塞などの生活習慣病になる可能性が

高くなります。

 

生活習慣病で苦しい思いをするかどうかは、

普段の心掛け次第です。

 

特に親など家族が心筋梗塞など生活習慣病になった方は、

生活習慣病になりやすい食生活を送っている可能性が

高いです。

 

今一度食生活などを見直し、

栄養バランスの取れた食事をするように

心掛けたいものですね。

 

 

また、適度な運動も若年性心筋梗塞の予防に効果的です。

 

普段から無理のない程度に運動をするように心掛けましょう。

 

若年性心筋梗塞になってから後悔しても遅いですよ。

 

早いうちから予防に心がけるようにしましょう。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)