秋雨前線で頭痛がする原因と対処法!アレで良くなる?

スポンサード リンク



 

「秋雨前線が停滞してると頭痛がするんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

秋雨前線が停滞して雨が続くと、頭痛がひどくなってツラい思いをする人がけっこう多いですよね。

頭痛がひどいと、日常生活などで悪影響が出たりもするので、困ってしまいますよね。

 

そこで、ここでは秋雨前線で頭痛がする原因と対処法を紹介します。

 

201311203

秋雨前線停滞で頭痛がする原因

 

秋雨前線で頭痛がする原因は、気圧です。

 

秋雨前線は低気圧が伴います。

天気図を見ても低気圧が書かれてないことがありますが、気圧は低くなります。

 

それで、気圧が低くなると、私たちの体への圧力が下がるわけですね。

そうなると、血管が拡張してしまいます。

すると、その欠陥が神経を刺激してしまいますね。

そのせいで、偏頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

また、秋雨前線があると、気圧の変化が激しくなります。

低気圧がやってきたかと思ったら、高気圧がやってきたり、そしてまたすぐに低気圧がやってきたり、ということを繰り返します。

ということは、体にかかる圧力が高くなったり低くなったりしますよね。

それで、体にかかる圧力の変化に体を対応させているのが自律神経です。

しかし、気圧がコロコロ変わると、自律神経が追い付かなくなります。

それで、自律神経が乱れてしまいます。

そのせいで、緊張型頭痛というのを引き起こしてしまうのです。

 

ちなみに、偏頭痛と緊張型頭痛の違いですが、

偏頭痛は、こめかみあたりが痛くなります。

緊張型頭痛は、後頭部が全体的に痛くなります。

 

それで、偏頭痛であれば低気圧が原因の頭痛で、緊張型頭痛であれば気圧の変化が原因の頭痛だということができます。

 

秋雨前線による頭痛の対処法!

 

秋雨前線による頭痛は、鎮痛剤を飲めば緩和されることが多いです。

ですから、どうしてもつらくて我慢できないなら、鎮痛剤を飲んだほうがいいですよ。

 

ただ、鎮痛剤を飲んでばかりだと、体が鎮痛剤に慣れてしまって効果がなくなります。

ですから、鎮痛剤を飲み続けるのはよくありません。

 

そこで、薬を飲まなくてもある程度は頭痛を緩和できる方法を紹介します。

 

まず、偏頭痛の場合は、血管の通る首の後ろ側やこめかみを冷やすといいです。

そうすれば、血管が収縮するので、偏頭痛が緩和されます。

 

また、カフェインには血管を収縮させる働きがあると言われていますので、コーヒーやお茶を飲むといいかもしれません。

ただし、コーヒーやお茶に含まれている量のカフェインでは、血管はあまり変化しないだろう、という説が有力ですけどね。

カフェインは、試してみて損はないなら、してみたほうがいいのでは、という程度です。

 

また、緊張型頭痛は逆で、首の後ろなどを温めるといいです。

緊張型頭痛は血管が収縮することで起こります。

ですから、温めることで血管が拡張しますので、頭痛がおさまるのです。

 

あと、ストレスや睡眠不足も緊張型頭痛の原因となります。

ですから、それらをできる範囲で解消することで、緊張型頭痛が起こりにくくなりますよ。

 

秋雨前線の頭痛には2種類ありますが、対処法が違いますので、まずは頭痛の種類を把握することが大切ですよ。

また、偏頭痛だと思って首を冷やしたのに頭痛がひどくなった、という場合は、頭痛の種類が違う可能性が高いので、今度は首を温めてみるといいでしょう。

逆も同じで緊張型頭痛だと思って首を温めたら頭痛がひどくなったら、首の温度を下げてみるといいですよ。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)