腎臓がんの5年生存率~知らないと損するがんの知識!

スポンサード リンク



 

ここでは、腎臓がんの5年生存率について紹介します。

 

201311203

腎臓がんの5年生存率~ステージ別

 

腎臓がんの5年生存率はステージによって変わります。

 

ステージⅠ=75%
ステージⅡ=63%
ステージⅢ=38%
ステージⅣ=11%

 

当然ですが、発見が早ければ早いほど生存率は高くなります。

また、がんが腎臓の粘膜層にとまっている早期がんの場合は、5年生存率は90%以上とされています。

 

腎臓がんの早期発見には、検診が非常に大切です。

初期症状がほとんどなく、検診で発見されることが多いです。

ただ、年に1回職場などで定期検診を受ける人が多いと思いますが、それでは腎臓がんが見つかることはなかなかありません。

腎臓がんになる人の数は多くはないので、一般的な検診では腎臓がんに対応していないんです。

ですから、気になる場合は泌尿器科で検査してもらったり、人間ドッグで検査してもらったりするといいでしょう。

 

そして、腎臓がんの初期症状を理解しておくことも大切です。

腎臓がんの初期症状は、
・腹部の疼痛(ずきずきした痛み)
・血尿
・腹部のしこり
・食欲不振、体重減少・全身倦怠感・発熱・貧血
などです。

少しでもおかしいと思ったらすぐに病院で診てもらうといいでしょう。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)