土用の丑の日にうなぎ以外のものを食べることもある!?

スポンサード リンク



土用の丑の日 うなぎ以外について

 

土用の丑の日(どようのうしのひ)には“うなぎ”を食べる、

という方がほとんどではないでしょうか?

 

「土用の丑の日といえばうなぎ以外にはありえないだろう!」

なんて思っているあなた、

実は、うなぎ以外のものを食べるのが

習慣になっている地域もあるのです。

 

ある一説によれば、

「丑の日に『う』のつくものを食べると夏負け(夏バテ)しない」

という風習があったようで、

土用の丑の日にうなぎ以外のものを食べることが習慣に

なっている地域もあるのです。

 

長野県では馬肉(うまにく)を食べる習慣があるそうです。

 

また、うり(瓜)や梅干し、うどんなどを食べるところもあるようですよ。

 

しかし、そういった土用の丑の日にうなぎ以外を食べる習慣がある地域でも、

ここ数年は土用の丑の日にはうなぎを食べる方が多いようです。

 

これは、メディアの影響なのか、

それともスーパーやうなぎ屋などの販売戦略の影響を受けているのか、

何かの影響を受けているのではないのでしょうか?

 

 

土用の丑の日にうなぎを食べる、という習慣の由来は、

うなぎ屋さんがたくさんうなぎを売るためにそういう習慣を作った、

という説があります(諸説あり)。

 

という事は、現代でもスーパーなど小売りの立場を考えると、

梅干しやうどんよりもうなぎのほうが値段が高いので、

うなぎが売れたほうが嬉しいと思います。

 

また、うなぎ屋さんも1年に1度くらいは、

うなぎがたくさん売れる日があったほうが嬉しいと思います。

 

それで、土用の丑の日にうなぎ以外の梅干しやうどんなどを

食べる習慣がなくなっているのかもしれませんね。

 

 

しかし、最近は別の意味で

土用の丑の日にうなぎ以外のものを食べる方が

増えているようです。

 

最近、土用の丑の日に、

あなごの蒲焼き、さんまの蒲焼き、豚バラの蒲焼き

などを食べる方が増えているようです。

 

それは、金銭的に苦しかったり、うなぎが苦手だったり、

といった理由があるようです。

 

うなぎは高いですから、なかなか手の出せるものではありませんよね。

 

また、うなぎが苦手な方は無理して食べる必要もないと思いますが、

だからといって何も食べないのも何となく寂しいですよね。

 

そういう方のために、うなぎの代替商品を用意する、

これもスーパーなどの小売店の販売戦略ですね。

 

 

とはいうものの、1年に1回くらいはうなぎを食べたい、

と思うのは私だけではないと思います。

 

土用の丑の日くらいは多少無理をしてでも、

うなぎを食べたいものですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)