ぎっくり腰に効く湿布は温湿布?それとも冷湿布?

スポンサード リンク



 

ぎっくり腰になると、ものすごい痛くて耐えられないですよね。

それで、あまりにもひどいと病院で診てもらうと思いますが、それほどでもない時は湿布を貼って様子を見ることもあると思います。

 

ところで、湿布には温タイプと冷タイプの2つがありますよね。

では、ぎっくり腰の時にはどちらを使うといいのでしょうか?

 

ぎっくり腰の時には温湿布?それとも冷湿布?

 

ぎっくり腰のような急性の腰痛には、痛いところを冷やすといいです。

ぎっくり腰は炎症が起こりますが、その炎症を鎮めたいわけですね。

それで、炎症は冷やすとおさまります。

ですから、ぎっくり腰は痛いところを冷やすといい、ということになるわけですね。

 

では、湿布は冷湿布を使えばいいのでは、と思いませんでしたか?

 

結論を言うと、温湿布でも冷湿布でもどちらでもいいです。

 

実は、温かいか冷たいかは体感で、実際に温湿布を貼ったからといって温かくなるわけではありません。

逆に温タイプでも温度は下がります。

 

温湿布も冷湿布も使われている成分はほぼ同じです。

違いは、温湿布にはカプサイシン(唐辛子の辛み成分)が含まれていて、冷湿布にはメンソールやハッカなどが含まれている、という事です。

 

それで、カプサイシンは血液の流れを良くして温かくする効果があるものの、皮膚の温度に変化が出るだけの量は入っていません。

もし、温度が変わるくらいの量が入っていたら、ものすごくピリピリして耐えられないでしょう。

逆に湿布には水分が含まれていますが、そのせいで皮膚の温度は下がる、とされています。

だから、温湿布というのは体感では温かく感じるものの、実際には皮膚の温度を下げています。

 

ですから、温湿布も冷湿布も皮膚の温度を下げるので、お好みの方を使うといいですよ。

 

慢性的な痛みには温湿布、急性な痛みには冷湿布とよく言われます。

これは、慢性的な痛みは温めて血流を良くして痛みの原因物質を流すと良くなり、急性な痛みは冷やして炎症を静めることで良くなることから、そのように言われるのでしょう。

 

ただ、湿布は温湿布だろうと冷湿布だろうと、多少温度を下げるものの、痛みを緩和したりするほど温度は下がらないです。

湿布は痛みの原因物質の分泌を抑えることで、痛みを緩和することができます。

血液の流れを良くしたり、炎症そのものを鎮める働きは、ほとんどありません。

 

ですから、「慢性的な痛みには温湿布、急性な痛みには冷湿布」というのは誤りということになりますね。

温湿布トレイ湿布は体感以外の違いはほとんどありませんので、どんな痛みであってもどちらを使ってもいいですよ。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)