節分豆は危険!?窒息することもある?知らないと損する情報!

スポンサード リンク



 

節分になると、豆まきをして歳の数だけ節分豆を食べる人は多いと思います。

しかし、あなたは節分豆には危険がひそんでいることをご存知でしょうか?

 

なんと、節分豆が窒息事故に繋がることがある、ということなんです。

3歳ころまでのお子さんが豆やナッツ類を食べると、気道に入り気管支炎や肺炎を起こすことがある、と消費者庁から発表されたんです。

参考サイト:
ナッツ類は小さな破片も要注意!3歳頃までは与えないで!!(消費者庁ホームページへ)
「豆は3歳まで与えないで」気道に入り肺炎も 節分前に消費者庁が警告(産経ニュースのページへ)

 

消費者庁のホームページには「節分豆」とは書いてなく、「豆やナッツ類」と書いてあります。

ただ、「豆やナッツ類」には、節分豆も入りますよね。

 

乳幼児は食べ物を飲みこむ力が充分に発達していないので、気道に入り込む恐れがある、という事です。

それで、豆類が気道に入り込むと、取り除くのに全身麻酔をかける必要がある、という事なんですよ。

 

節分の日に、お子さんに節分豆を食べさせるご家庭は多いのではないでしょうか?

しかし、お子さんが3歳以下の場合は、食べさせないほうが良さそうですね。

 

節分の豆まきは、無病息災を祈る意味がある、と言われています。

そして、年の数だけ豆を食べると、病気にならず健康でいられると言われています。

その豆のせいで、気管支炎や喘息になったら、シャレにならないですよね。

ですから、注意が必要ですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)