20代で夜間頻尿に!?その原因と対策!加齢による頻尿との違いは?

スポンサード リンク



 

最近、20代の若い世代でも夜間頻尿になる人が増えている、という事ですね。

夜間頻尿は年を取るとともに増加していきます。

ですから、お年寄りの症状というイメージが強いと思います。

しかし、最近では20代の若い世代でも夜間頻尿になる人が多い、という事です。

 

ではなぜ、20代の若い世代に夜間頻尿が増えているのでしょうか?

その原因と対処法を紹介します。

 

illust203

20代で夜間頻尿になる原因

 

まずは夜間頻尿になる原因から紹介します。

私たちの体内の余分な水分は一度膀胱にためられますが、その量が多くなると尿として体外に排出されます。

それで、夜間は睡眠を妨げないようにするために、日中よりも膀胱に貯められる尿の量を増やして排尿しないようにしています。

しかし、どこかに異常が生じると、夜間でも排尿をするようになるのです。

その主な原因は以下の通りです。

・過活動膀胱(排尿を我慢できなくなる)
・カフェイン、アルコールなど利尿作用のあるものの摂りすぎ
・水分の摂りすぎ
・肥満、同じ姿勢が続くことなどによる膀胱への圧迫
・心因性(ストレス、緊張など)

 

それで、20代で夜間頻尿が増えている主な原因は、ストレスだと言われています。

ストレスがたまると、自律神経が乱れます。

それで、自律神経は排尿したり膀胱に尿をためたりする事をコントロールしています。

夜間に排尿が止まるのは、自律神経が作用しているためです。

 

しかし、自律神経が乱れると、夜間にもかかわらず尿を膀胱にためずに排尿するように作用してしまいます。

ですから、夜間頻尿になってしまうのです。

 

ただし、最近20代の過活動膀胱なども増えているという事です。

食生活や生活リズムの乱れなどが原因ではないか、と考えられています。

 

20代の夜間頻尿の対処法

 

夜間頻尿であれば、早めに病院で診てもらったほうがいいです。

尿道炎や膀胱炎など、思わぬ病気が原因で夜間頻尿になっている可能性もありますよ。

 

そのうえで、ストレスが原因だとはっきりしたら、ストレスをためないように発散することが大切になります。

ストレスを発散するには、あなたが夢中になれることをするといいです。

20代の人はゲームが好きな人が多いですが、それ以外にも読書、映画(DVD)鑑賞など夢中になれるものは人それぞれですね。

ストレス発散には運動をするといい、と言われることが多いですが、運動が苦手な人にとってはストレスがたまるだけです。

それよりも、あなたが好きなことをしたほうがストレス発散にはいいですよ。

 

また、食生活や生活習慣の乱れを改善していくことも非常に大切ですよ。

 

夜間頻尿が続くと、睡眠不足になりがちで体に様々な悪影響を及ぼします。

早めに対処したほうがいいですよ。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)