鏡開きで樽酒を割る意味とは?

スポンサード リンク



 

鏡開きで、樽酒の丸いふたを割ってお酒をふるまいますよね。

その由来と意味を紹介します。

 

kagamibiraki_kagaminuki

鏡開きで樽酒のふたを割る由来は?

 

鏡開きで樽酒のふたを割るようになった由来は、諸説あります。

ここでは、よく言われている由来を2つ紹介します。

 

1つ目は、お酒はお米から作られますが、お米から作られたものは神聖な意味を持つ事から、神聖な行事で樽を割ってお酒をふるまうようになった、という説です。

それで、ふたを「割る」と言ってしまうと縁起が悪いので、「開く」という言葉が使われるようになった、ということですよ。

それで、お正月は年神さまをお迎えする行事ですが、年神さまのいる期間が終わる11日に願い事を祈願する意味で、樽酒を割るようになった、ということです。

 

2つ目は、武士が戦の出陣の際に、兵を鼓舞するために振る舞われたのが由来だという説です。

そこから、年初めや結婚式などの門出で樽酒を割って祝う習慣ができた、という事です。

1月11日に樽酒を割る(=鏡開きをする)のは、1年の始まりを祝う、ということになりますね。

 

鏡開きで樽酒を割る意味とは?

 

樽酒を割る由来は諸説あるものの、何らかを祝うために樽酒のふたを割って飲む、という事は共通しています。

そこから、結婚式や祝勝会、パーティーなどあらゆるお祝いの場で樽酒のふたが割られて、振る舞われるようになったわけですね。

 

つまり、鏡開きで樽酒のふたを割るのは、1年の門出を祝う、という意味があります

 

ちなみに、鏡開きで鏡餅を食べるのはほぼ同じ意味があります。

丸いものを割って口にする、という事は、樽酒と同じですね。

そこから、鏡餅を食べることは、1年の門出を祝う、という意味になったようです。

 

お餅が先なのか、樽酒が先なのか、諸説ありますが、はっきりとはわかっていません。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)