コーヒーや緑茶をどれだけ飲むとカフェイン中毒になるの?

スポンサード リンク



 

カフェイン中毒は、死亡することもあるので、非常に恐ろしいですよね。

しかし、カフェインはコーヒーや緑茶などにも入っていますので、非常に身近ではないでしょうか?

「コーヒーや緑茶をどれだけ飲むと、カフェイン中毒になるのかなぁ?」
と、あなたは思いませんでしたか?

 

そこで、ここではコーヒーや緑茶をどれだけ飲むとカフェイン中毒になるのか、紹介します。

 

コーヒーや緑茶をどれだけ飲むとカフェイン中毒になるの?

 

短時間に大量のカフェインを取ると、カフェイン中毒になるとされています。

それで、1時間に体重1kgあたり6.5mg以上のカフェインを摂ると、中毒になる、とされています。

つまり、体重が50kgの人は、50kg(体重)×6.5mg(カフェイン量)=325mgを1時間以内に摂取すると中毒になる、という事ですね。

個人差はありますが、それくらいの量を摂るとカフェイン中毒になる人が多い、という事です。

 

ちなみに、ドリップコーヒー1杯(150ml)にはカフェインが135mg、緑茶1杯(150ml)にはカフェインが30mg含まれています。

ただし、コーヒーや緑茶の種類などによって違いはありますが、ほとんどの缶コーヒー、インスタントコーヒー、ペットボトルのお茶などはこれよりも少ないです。

 

という事は、コーヒーを1時間に3杯飲んだら、カフェイン中毒になるリスクが非常に高くなる、ということになりますよね。

緑茶なら10杯ですね。

 

という事は、暑い夏にペットボトルの緑茶(500ml)を3本(10杯分)一気飲みしたり、カフェで暇つぶしにコーヒーを3杯飲んだりしたら、カフェイン中毒になりやすい、という事です。

これだけの量の緑茶やコーヒーを飲むことはあまりないと思いますが、あり得ない事でもないので、注意が必要ですね。

 

カフェイン中毒の症状

 

カフェイン中毒になると、

・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・だるさ
・不安
・落ち着きがなくなる

といった症状が出ます。

 

これに加えて、急性カフェイン中毒だと、

・痙攣
・パニック

といった症状がも出ます。

 

最悪、死亡することもあります。

 

カフェインは適正量摂れば健康に良い面があります。

しかし、摂りすぎると中毒になるだけではなく、不眠症など他にもさまざまな症状が出てくることがあります。

カフェインの摂りすぎには注意が必要ですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)