EBウイルス感染症の原因と症状

スポンサード リンク



 

ここではEBウイルス感染症の原因と症状について紹介します。

 

illust203

EBウイルス感染症の原因

 

EBウイルス感染症は、文字通りEBウイルスに感染することで発症する病気です。

 

EBウイルスは唾液を介して感染します。

キスで感染するので、別名「キス病」と呼ばれていますが、それ以外にも飲み物の回し飲みなどによって感染者の唾液が口に入ることで感染します。

衛生管理がしっかりしていない飲食店のコップなどから感染することもあり得ます。

 

EBウイルス感染症は、感染から発症まで約4週間~6週間になります。

そして、症状が出てから治るまでが約4週間~6週間です。

 

EBウイルス感染症の症状

 

EBウイルス感染症が発症した時の主な症状は、
・倦怠感(だるさ)
・発熱(38℃以上)
・のどの痛み
・首のリンパ節の腫れ
・湿疹
などです。

また、肝臓や脾臓が腫れたり、肝機能に異常が出ることがありますが、これらはあまり自覚できません。

 

EBウイルス感染症の対処法

 

EBウイルス感染症の恐れがある時は、すぐに病院で診てもらってください。

ただ、EBウイルスを退治する治療薬はなく、自然治癒によって治します。

ですから、治療法は対処療法になります。

医者の指示に従って、症状がおさまるまでは安静にしていましょう。

また、他の人に感染しないように注意が必要です。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)