塩抜きダイエットとするとリバウンドする!?リバウンドを避けるには?

スポンサード リンク



 

最近、「塩抜きダイエット」が話題になっていますよね。

「むくみが取れてスッキリした!」
など、多くの人が効果を実感していますよね。

 

しかし、リバウンドしてしまう人もたくさんいます。

そこで、ここでは塩抜きダイエットでリバウンドしないためのポイントを紹介します。

 

saltdame

塩抜きダイエットとは?

 

まずは簡単に塩抜きダイエットについて紹介します。

 

塩抜きダイエットとは、文字通り体内の塩分を抜いてしまうダイエットです。

塩分をできるだけ摂らないようにすることで、体内にためられた塩分を排出します。

 

塩分が多いと体内に水分をため込むのでむくみやすくなるほか、血液の流れが悪くなりがちなので代謝が下がって太りやすくなります。

それで、塩分を体内から排出することで、むくみを解消したり、代謝を高くして痩せやすくなったりします。

 

ただし、塩分は生きていくうえで必ず必要になるものです。

ですから、長期間にわたって塩を抜くのではなく、通常は3日間だけ集中的に行うことが多いです。

 

塩抜きダイエットでリバウンドを避けるには?

 

塩抜きダイエットは通常、短期間で終えます。

そうすると、むくみなどが解消されていることが多いです。

そして、今まで体内にため込まれていた水分が抜けますので、1~2kg体重が減ることが多いです。

 

ただし、塩分の摂取量を元に戻してしまうと、すぐに体内に蓄えられた塩分量が以前と同じになります

そうなったら、体重もむくみも元通りになりますよね。

ですから、リバウンドをしてしまうんです。

 

塩抜きダイエットは3日間だけ塩分を徹底的に抜きますので、それほど無理なダイエットではなく、リバウンドしにくいとは言われています。

しかし、塩分の摂取量を元に戻せば、体重が元通りになるのは当然といえば当然ですね。

 

ただし、塩抜きダイエットを続けるのは危険です。

やりすぎると命にかかわることもあり得ます。

ですから、塩抜きダイエットは3日で終わらせるべきです。

 

塩抜きダイエットをすると、どんな食品にどれだけの塩分が含まれているか、だいたいわかるようになると思います。

それで、塩抜きダイエットを3日間した後は、塩分の摂取量を減らすといいでしょう。

塩は、1日5g摂る必要だと言われています。

1日の摂取量の目安は、男性が8g、女性が7.5gですが、これは超えないようにしたほうがいいです。

ですから、最低限の塩は摂るようにしながらも、今までよりも塩分摂取量を減らせば、リバウンドを防ぐことができるでしょう。

 

「一度、塩抜きダイエットをすると、薄味に慣れるので塩分を減らしやすくなる。」
という声もたくさんあります。

塩抜きダイエットをきっかけに、塩分の摂取量を減らすことができるようになるといいでしょう。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)