秋晴れの時期は?何日から何日までって決まってるの?

スポンサード リンク



秋の晴れた日のことを“秋晴れ”と言いますね。

気温などに関係なく、秋に晴れたら“秋晴れ”と言うそうです。

秋晴れは、雲が少なく、風は弱く、湿度も低く、さわやかな晴れが特徴です。

また、天気が移りやすく、晴れが3日~4日くらいしか続かない傾向があるのも、秋晴れの特徴ですね。

 

ところで秋晴れは、夏や冬に晴れても、秋晴れとは言いませんよね。

つまり、8月に晴れても、また12月に晴れても、秋晴れとは言いません。

 

じゃあ、9月に晴れたら、あるいは11月に晴れたら、秋晴れと言うのかなぁ?と疑問に思いませんか?

 

そこで、ここでは秋晴れの時期について紹介します。

 

秋晴れの時期

 

秋晴れについて、いつからいつまでなのか定義があるのか調べました。

そうしたら、どこにも時期については触れられていませんでした。

ということは、秋晴れは特にいつからいつまでと定義されてないようですね。

 

ちなみに、秋はいつからいつまでなのか、というと、これはいろいろな定義があります。

社会通念上、あるいは気象学上では、秋は9月、10月、11月です。

天文学上は秋分(9月23日ごろ)から冬至(12月22ごろ)までです。

二十四節気では、立秋(8月8日ごろ)から立冬(11月8日ごろ)までです。

 

ただ、秋晴れとは社会通念上の言葉と考えることができますので、秋晴れの時期は9月、10月、11月の晴れの日と考えることができますよね。

恐らく、9月下旬~11月下旬をイメージする人が多いような気はするんですけどね。

 

秋晴の候(あきばれのこう)の時期は?

 

秋晴の候(あきばれのこう・しゅうせいのこう)という言葉があります。

これは時候の挨拶です。

白露(9月7日ごろ)~寒露(10月6日ごろ)に使うのが通例です。

 

ただ、時候の挨拶と実際の季節には、ずれがありますね。

2月の寒さのピークの時に、「立春の候」などと使うことなどを考えると、時候の挨拶と実際の季節は、ずれているということが分かると思います。

 

 

ですから、秋晴の候が9月初旬から10月初旬に使われるからといって、秋晴れがその時期の晴れた日のことだけしか指さない、なんてことはありません。

11月の秋らしい晴れた日のことも、普通に秋晴れと言いますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)