大腸がんの原因はストレスってホント?

スポンサード リンク



 

大腸がんで亡くなる人は多く、日本人の死因の第3位です。

ですから、普段から大腸がんの予防に努めたいですね。

 

ところで、大腸がんの原因はいろいろありますが、その一つに“ストレス”があります。

そこで、ここではなぜストレスによって大腸がんになるのか、紹介します。

 

a0001_014027

 

なぜストレスによって大腸がんになるのか?

 

がんの大きな原因は、免疫力の低下です。

 

私たちの体の中には、毎日のようにがん細胞が作られています。

ただ、免疫力によってがん細胞は消されています。

だから、がん細胞ができ続けても、がんになることはないのです。

 

しかし、免疫力が低下すると、がん細胞を消すことができなくなります。

だから、がんになってしまうんですね。

 

それで、ストレスは免疫力低下の大きな原因になります

ストレスによって血液の流れが悪くなりますが、そのせいで免疫細胞に酸素や栄養が届かなくなることが主な原因で、正常に機能しなくなるんです。

免疫細胞が正常に機能せず免疫力が下がると、がん細胞を消すことが出来なくなります。

ですから、がんになりやすくなるのです。

 

ですから、ストレスによって大腸に限らず、がんになりやすくなる、ということになるんです。

 

さらに、ストレスと腸は関係性が大きいです。

ストレスによって下痢になったりおなかが痛くなったり、あるいは便秘になったりもしますよね。

それは、腸の働きに大きくかかわる神経(自律神経)が、ストレスによって正常に働かなくなるので、腸を正常に働かすことができなくなるからです。

ですから、ストレスによって腸の調子が悪くなってしまいます

そうすると、がん細胞が転移しやすくなるので、大腸がんになりやすくなります。

 

ちなみに胃もストレスによって正常に働かなくなりますので、ストレスによって胃がんにもなりやすくなります。

 

ストレスをため込むと、がんを始めさまざまな病気になりやすくなります。

ですから、ストレスは常に発散することが大切ですよ。

 

ちなみにストレスを発散する方法についてはいろいろなことが言われています。

その中で私の実体験で一番効果的なのは、一番夢中できることをすることです。

 

ちなみに私はゲームが好きなのですが、胃がものすごく痛い時にスマホでゲームをしていたらすぐに痛みが消えました。

スマホはストレスになる、と言われることがありますが、それでもビックリするくらいすぐに胃が痛くなくなりました。

 

ゲームが好きではなかったり、苦手だったりすると、逆にストレスになるでしょう。

ですから、ストレス発散は人それぞれ方法が違うと思います。

ただ、夢中になれることが一番のストレス発散法になる、ということは言えるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)