ノロウイルスは乳酸菌で予防できる!その意外な理由とは?

スポンサード リンク



 

ノロウイルスは乳酸菌を摂ると予防できる、と言われていますよね。

そこで、ここではなぜ乳酸菌を摂るとノロウイルスを予防できるのか、紹介します。

 

doctor_illust02_03

 

乳酸菌を摂るとノロウイルスを予防できる理由

 

乳酸菌を摂るとノロウイルスを予防できる大きな理由は、免疫力が高くなるからです。

 

最近になって、免疫力と腸が深くかかわっていることが分かってきています。

腸の周りに免疫細胞がたくさんありますが、腸の調子が悪くなると免疫細胞に悪影響を及ぼし、免疫力が下がってしまうのです。

それで、乳酸菌には腸の調子を整える働きがあるので、免疫力を高くすることができるから、ノロウイルスの予防になる、という事なんです。

 

ただし、乳酸菌さえ摂っていれば腸の調子が良くなるかといえば、そういうわけでもありません。

腸の調子が悪くなる原因は、食べ物にあります。

その典型が脂質ですが、脂質を大量に食べているのに、乳酸菌を摂れば腸の調子が良くなるかといえば、それは非常にむずかしいでしょう。

腸の調子が悪くなる原因を取り除いたうえで乳酸菌を摂れた、腸の調子が良くなりますよ。

 

また、免疫力を最大限高くしたとしても、大量にノロウイルスが体内に入ってきたら感染します。

また、ノロウイルスによる様々な症状も出てきます。

ですから、免疫力を高くすると同時に、体内にウイルスが入ってこないようにすることも大切ですよ。

 

ウイルスをどれだけ頑張って体内にいれようとしていなくても、ウイルスが近くにあればある程度は入ってくることが多いです。

ただ、それをできるだけ少なくしたうえで、免疫力が高ければ感染、発症を防ぐことができます。

 

乳酸菌で完全にノロウイルスを防ぎきることができない、という事はきちんと頭に入れておくべきですよ。

あくまで感染しにくくなるだけです。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)