連休明けの疲れを解消するポイント~GW.お盆.正月etcの疲れを解消!

スポンサード リンク



 

ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィーク、お正月などの連休が明けると、なんだか疲れて「仕事に行きたくない!」と思う人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは連休明けの疲れを解消するポイントを紹介します。

 

連休明けの疲れを解消するポイント

 

連休明けに疲れを感じる原因は主に2つです。

 

1つは、連休中に仕事から離れると、普段は疲れを感じない仕事でも、疲れを感じてしまうんです。

仕事に限らずなんでもそうですが、慣れないことをすると疲れますよね。

でも、次第に慣れてくると疲れを感じなくなりますよね。

それで、1週間、10日と仕事をしないと、せっかく慣れていた仕事も久しぶりに行う事になりますので、慣れていないのと少し同じような状態になります。

ですから、疲れてしまうのです。

仕事の日の前日からツラくなることがあると思いますが、嫌な仕事も慣れると嫌だと感じなくなるのに、久しぶりに仕事だと思うとツラいと思ってしまうのです。

 

また、生活リズムの乱れによっても疲れを感じます。

連休中に朝起きる時間が遅くなると、仕事の時に起きるのがかなりツラくなります。

それで、疲れを感じてしまうのです。

 

以上が連休明けの疲れの主な原因です。

これらは仕事に慣れていくことで疲れを感じなくなります。

ですから、連休明けの1日、2日はウォーミングアップだと思って、徐々に仕事に慣れていくといいですよ。

無理して仕事を頑張ると、ますます疲れてしまうことがあります。

ですから、無理しないことも大切です。

 

家族サービスで疲れた場合、これらの疲れに加えて肉体疲労もひどくなると思います。

連休明けの数日は仕事が終わったらまっすぐ帰るようにしたほうがいいです。

そして、しっかりと肉体疲労を取るようにしたほうがいいですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)