犬の口臭が生臭い原因と対策!かわいい愛犬を抱きしめるために!

スポンサード リンク



 

飼っている犬の口臭が生臭いと、
抱きしめたくても抱きしめられなくなりますよね。

そして、室内犬だと部屋が臭くなってしまいますよね。

「犬の生臭い口臭を何とかできないかなぁ?」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは犬の口臭が生臭い原因と対策を紹介します。

a0024_000098

 

犬の口臭の原因

 

犬の口臭が生臭い原因はいくつかありますが、
最も多いのは口の中の菌です。

口の中で、歯周病菌、虫歯菌などが繁殖すると、
口臭が生臭くなります。

また、口内炎ができると、そこに雑菌が繁殖して
口臭が生臭くなります。

犬の生臭い口臭の9割近くが、
口の中に原因がある、といわれています。

 

犬の歯に歯石が付いていたり、
あるいは歯茎がブヨブヨになっていたり血が出ていたら、
歯周病菌が繁殖しています。

その場合は歯周病菌が原因で口臭が生臭くなっているのです。

ただ、歯石が付いていなくても
歯周病菌が繁殖していることがあります。

そういう場合も口臭が生臭くなります。

ただ、歯石が付いていなくても、歯茎に異常がなくても、
口臭がひどいとそのうち歯石が付いたりする可能性が高いです。

ですから、早めに対処したほうがいいですよ。

 

その他、犬の胃腸の調子が悪くなると、
口臭が生臭くなることがあります

 

犬の口臭が生臭い時の対処法

 

犬の口臭が生臭い原因は、ほとんどが口の中です。

ですから、生臭い口臭を抑えるには、
まずは歯磨きをすることが大切です。

犬用の歯ブラシや歯磨き粉は、
ペットショップに行けば売っています。

また、わざわざペットショップに行かなくても、
大型のスーパーやホームセンターにも売っています。

 

また、犬の歯に歯石が付いている場合は、
歯磨きして取り除くことは非常に難しいです。

そういう場合は、獣医に行って歯石を取ってもらってください

犬の歯石を取る時には麻酔を使うことが多いです。

それで、麻酔をたくさん使って長時間効かせるようにすると、
犬の体に悪影響を及ぼすことがあります。

それで、時間をかけて何回にも分けて
歯石を取る事が多いです。

ただ、歯石が残っていると、歯茎がなくなったり、
運が悪いと歯周病菌が歯を溶かして顔に穴が開くことがあります。

ですから、辛抱強く歯石を取る必要がありますよ。

 

そして、歯石を取ってもらった後も
しっかりと歯磨きをする必要があります。

そうしないと、再び歯周病菌が発生して
歯石が付いてしまいますよ。

 

ただ問題なのが、きちんと歯磨きできない時です。

犬が嫌がって口をあけてくれないと、
歯の裏側を磨くことができないですよね。

そうすると、歯の裏に歯周病菌が繁殖してしまいます。

また、歯磨きをしようとすると、
噛まれてしまうことがあります。

歯磨きをしようとしたら手や指を噛まれて大怪我をしたら、
シャレにならないですよね。

 

犬の歯を磨くのが困難な場合、
口の中の菌を減らして口臭を抑えるサプリメントがあります。

犬の口臭を抑えるサプリメントについて
詳しく解説されているサイトがありますので、
そちらを参考にしてみてください。

犬の口臭を消す方法 歯磨きできなくても口臭をなくすことできる?

 

胃腸の調子が悪い場合は、
ドッグフードを見直すと良いです。

多くのドッグフードには添加物が入っていますが、
その添加物が原因で胃腸が悪くなることが多いです。

無添加のドッグフードにすると、
胃腸の調子が良くなって口臭を減らすことができることがあります。

 

ただ、犬の口臭が生臭い原因は口の中にあることが大半です。

ですから、生臭い口臭が気になる時は、
まずは歯磨きをしてみたほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)