梅雨に下痢になりやすくなる原因と対処法!

スポンサード リンク



 

「梅雨になると下痢になりやすくて…」
と、ツラい思いをする人は多いですよね。

梅雨になると下痢が続くと、仕事や家事などにも支障が出ることってあると思います。

ですから、なんとかして下痢を解消したいですよね。

 

そこで、ここではつゆに下痢になる原因と解消法を紹介します。

201311203

梅雨に下痢になりやすくなる原因

 

梅雨になると下痢になりやすくなる主な原因は以下の3つです。

 

 水分代謝が正常に行われない

湿度が高くなると、汗腺が抑えられてしまって汗が出にくくなります。

それで、体内の余分な水分を体外に出すことが上手くできなくなり、体内に水分をためてしまいます。

そうなると、体内器官に様々な影響を与えてしまいます。

特に胃腸は影響を受けやすいですので、下痢を引き起こしやすくなるのです。

 

 食べ物が痛む

湿気によって食べ物が傷みやすくなります。

傷んだ食べ物を食べると、お腹をこわしやすく下痢になりやすくなります。

 

 自律神経の乱れ

梅雨は毎日雨が降っているわけではなく、晴れたり雨が降ったりを繰り返しますよね。

それで、晴れた日は気温が上昇しますが、雨の日は気温が下がりますよね。

それで、気温が上がった日と下がった日の差が大きいと自律神経が乱れます。

自律神経は腸と密接な関係にありますが、自律神経の乱れによって腸の調子が悪くなるがちなので、下痢になりやすくなります。

 

梅雨の下痢への対処法

 

梅雨に下痢になるのを防ぎ、そして下痢を早く良くするための対処法を紹介します。

 

まず、汗をかく機会を増やすといいです。

お風呂に入った時に汗をかくようにすると、体内にためられた水分を外に出すことができますので、水分代謝を促進します。

 

そして、できるだけ生ものを食べないようにするといいです。

食べ物が傷んでも、火を通せば下痢を引き起こしにくくなります。

 

また、服装を調節することによって、体を気温差から守るようにするといいです。

温かい日は薄着をし、寒い日は厚着をすることで体を寒暖差から守ることができ、自律神経が乱れにくくなりますよ。

 

あと、どうしても我慢できない時は下痢止めを飲んでも問題ありません。

何十日も飲み続けると問題ですが、我慢できない時だけ飲んでもそれほど問題はないでしょう。

ただし、下痢止めを飲まないよう医者などから指示されている場合は、飲んではいけませんよ。

その場合は、医者に相談しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)