雷までの距離と危険性

スポンサード リンク



雷 距離 危険について

 

雷との距離が近くになると、落雷の危険性が出てきます。

 

落雷で死亡した、というニュースもありますので、

雷が近づいてきたら即避難する必要があります。

 

 

では、雷との距離がどのくらい近くになると危険なのでしょうか?

 

 

雷鳴が聞こえてきたらすぐに避難をしたほうがいい、

と言われることが多いと思います。

 

雷鳴が聞こえたという事は、

半径14km以内で雷が発生している、という事になります。

 

雷雲の移動速度は、時速5km~40kmです。

 

という事は、半径14km以内で雷が発生している、という事は、

早いと20分くらいで雷が来る可能性がある、という事です。

 

ですから、雷鳴が聞こえてきたら

すぐに安全なところに避難するべきでしょう。

 

ちなみに、雷との距離の求め方ですが、

雷が光ってから音が聞こえてくるまでの時間から計算できます。

 

雷が光ってから音が聞こえてくるまでの時間が1秒なら340m離れている、

という事になります。

 

それで、340mに雷が光ってから聞こえてくるまでの秒数をかけると、

おおよその距離を出すことができます。

10秒なら340m×10秒=3,400m

20秒なら340m×20秒=6,800m

です。

 

 

ある番組の天気予報で、

「雷が光ってから聞こえてくるまで20秒以内ならすぐに非難してください。」

と言っていました。

 

という事は、雷までの距離がおおよそ6.8kmになりますので、

10分くらいで雷が来る可能性がある、

という事になります。

 

ただ、早めに対処しておいたほうがいいと思いますので、

雷鳴が聞こえてきたらすぐに建物の中に入るなど、

安全な場所に避難したほうがいいでしょう。

 

 

もし、近くに建物がない場合は、車の中も安全です。

 

車に雷が落ちても電気は車の外側を通って地面に流れます。

 

ただし窓を開けていると危険です。

 

車の中にいる場合は窓を閉めましょう。

 

そして、最近の車は電子装置が多いので

雷で車が壊れやすくなっています。

 

雷が落ちたら、車が壊れていないか点検したほうがいいですね。

 

 

建物に入ることもできず、車の中に入れない場合は、

高い建物、電信柱などから4m以上離れ、

足をそろえてしゃがめば比較的安全とされています。

 

高い木が近くにある場合、木の下に避難するのは非常に危険です。

気の枝先や葉先から4m以上離れて

足をそろえてしゃがめば比較的安全です。

 

 

雷が直撃したときの致死率は80%と言われています。

 

雷は非常に危険ですので、近づいてきたらすぐに非難しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)