夏風邪 鼻水 止まらない

スポンサード リンク



夏風邪 鼻水 止まらない について

 

夏風邪の症状の一つに「鼻水」がありますよね。

 

鼻水がひどくなって止まらなくなることもあるかと思います。

 

夏風邪で鼻水が出るのは、

夏風邪のウイルスを外に追い出すためです。

 

薬などで鼻水を止めようとすると、

夏風邪のウイルスが外に出せなくなるので

治るのに時間がかかるようになります。

 

ですから、できるだけ薬を飲んで鼻水を止めようとしないほうがいいです。

201311203

 

ただ、鼻水が止まらないと息苦しくなって

さらにツラくなってしまいますよね。

 

そして、夏風邪でかなりの高熱が出ない限り、

仕事などを休むことができない人が多いのではないかと思いますが、

鼻水が止まらないと仕事どころではない、と思います。

 

また、鼻水が止まらないと苦しくて

夜眠れなくなってしまう事もあると思います。

 

そんな時でも薬に頼ることなく

できるだけ鼻をかんで息苦しくならないようにしたほうがいいです。

 

夏風邪は冬の風に比べると長引く傾向があります

 

夏風邪のウイルスは

汗をかいたりして湿った服や布団などに発生しやすいですが、

夏は勝手に汗が出てきてしまうので、

ウイルスが繁殖しやすい状態を解消するのが難しいです。

 

ですから、長引く傾向があるのです。

 

それで、夏風邪の時に鼻水を出してウイルスを追い出そうとしているのに、

鼻水を薬で止めてしまったら、ウイルスを追い出すことができなくなります。

 

ですから、鼻水を止める薬は飲まないほうがいいです。

 

ただ、どうしても息苦しくて我慢できない時は、

薬で鼻水を止めるのも仕方ないと思います。

 

また、鼻水を即効で止めることのできるツボがあります。

hana2

まず、上の鼻のイラストの赤いところゆっくり4~5回押します。

hana3

そして、上の鼻のイラストの赤いところをゆっくり4~5回押します。

 

そうすると、鼻水が止まって鼻どおりが良くなるでしょう。

 

 

ただし、繰り返しになりますが、

鼻水を止めると夏風邪がますます長引きます。

 

ツボは薬と比べると健康そうに思えるかもしれませんが、

夏風邪の時の鼻水はツボで止めてしまうと、

ウイルスを体外に排出できなくなるので、

治るのに時間がかかってしまいます。

 

ですから、どうしても我慢できない時だけ

ツボを押して鼻水を止めるのもしょうがないと思います。

 

 

夏風邪による鼻水は、夏風邪を治さないと止まらないです。

 

薬やツボで一時的に止めることができたとしても、

薬やツボの効果がなくなったら、また鼻水が止まらなくなります。

 

夏風邪はどうしても長引く傾向がありますが、

なるべく早く治すように心がけるようにしましょう。

 

エアコンを上手に活用してあまり汗をかかないようにし、

しっかりと栄養を摂取していれば

少しでも早く夏風邪を治すことができます。

 

また、服や布団は清潔なものを使うように心がけるといいですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)