りんご病 大人 再発

スポンサード リンク



りんご病 大人 再発 について

 

りんご病(正式名称:伝染性紅班(でんせんせいこうはん))に

大人がなった場合、通常は1週間もあれば回復します。

 

しかし、すぐに再発したかのように思われる

症状が現れることがあります。

 

これは、正確には再発したわけではありません。

 

りんご病は3週間~4週間症状が続くことがあります。

 

その間ずっとりんご病の症状が現れているわけではなく、

一旦は症状が軽くなった後に再び重い症状があらわれる、

というのを繰り返すことが多いです。

 

ですから、回復したのに再発したように思えるのです。

201311203

 

大人のりんご病が再発したと思われる症状が現れても

心配する必要はありません。

 

発疹などりんご病だとわかる症状が出たときには、

りんご病のウイルスはすでに感染力がほぼなくなっています。

 

それで、りんご病は治療法は特になく、

自然に症状が治まるのを待つしかありませんが、

再発したかのように思える症状が出ても同じです。

 

他の人と普通に接触しても移ることはありませんので、

普通に生活をしても問題ありません。

 

 

ただ、あまりにも症状が重くツラい時には医者に相談してください。

 

りんご病は関節の痛みがひどくなったり曲げるのが難しくなることが多いですが、

関節の症状を和らげる治療をしてくれる場合があります。

 

 

ただし、りんご病は妊娠中や貧血気味の方は注意が必要です。

 

妊娠中の方がりんご病になると、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

また、溶血性貧血(赤血球が壊れやすい貧血)の場合は、

りんご病によって貧血の症状が進むことがあります。

 

大人がりんご病が再発したかのような症状が現れた場合、

重症である可能性が非常に高いので、

特に妊娠中や貧血気味の方は病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

また、りんご病が流行している時は、

なるべく他の人と接触を避けたほうがいいです。

 

お子さんがりんご病らしき症状を現した時は、

りんご病に感染しないように細心の注意を払うべきです。

 

りんご病は治療法も予防法もありません。

 

ですから、特に妊婦や貧血気味の方は、

感染しないように注意を払う必要があります。

 

ちなみに、りんご病は1度感染すると

基本的に2度と感染しません。

 

ですから、子どものときなどにりんご病に感染していないのであれば、

注意が必要ですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)