熱中症 頭痛 鎮痛剤

スポンサード リンク



熱中症 頭痛 鎮痛剤 について

 

熱中症によって頭痛になった場合、

鎮痛剤の服用はおススメできません

 

鎮痛剤を飲めば、一時的には頭痛が治まることがあります。

 

ただし、熱中症が治まっているわけではありません。

natsubate_girl2

 

 

熱中症になると、体内の水分が不足します。

 

それで、まずは水分不足を解消しないといけません。

 

そのために、涼しいところに移動をして汗が出るのを防ぎ、

水分を十分に補給する必要があるのです。

 

また、熱中症になると体温を調節する機能が正常に働かなくなります。

 

それで、体温を平熱まで下げることで、

体温を維持する機能を正常にする必要があります。

 

そのためには涼しいところに移動したりして、

体を冷やす必要があります。

 

 

ちなみに、鎮痛剤には熱中症による体温上昇の

解消には効果がありません。

 

鎮痛剤の解熱作用は、体内からの発熱には効果がありますが、

外から温められて体温が上昇した場合には効果はありません。

 

 

体内の水分が不足し、体温を調節する機能が正常に働いていないのに、

鎮痛剤で一時的に頭痛を治めたところで意味がありません。

 

それどころか、鎮痛剤は胃腸に大きな負担がかかります。

 

鎮痛剤で一時的には頭痛は治まるかもしれませんが、

鎮痛剤のせいで胃腸が悪くなったら長期間辛い状況が続きます。

 

涼しいところで体を冷やし水分不足を解消すれば、

熱中症による頭痛は治まります

 

ですから、熱中症による頭痛は、

熱中症を解消することを考えるべきです。

 

 

熱中症の頭痛以外の症状(めまい、吐き気など)がないのに、

頭痛だけがする場合は、熱中症の初期症状です。

 

しばらくは涼しいところで休憩し、

しっかりと水分を補給したほうがいいでしょう。

 

また、頭痛の原因は熱中症だけではありません。

 

なかなか頭痛が治まらない場合は、

病院で診てもらったほうがいいですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)