クーラー病 頭痛 吐き気

スポンサード リンク



クーラー病 頭痛 吐き気 について

 

クーラー病とは、クーラーの効いた部屋に長時間いた後に

外のクーラーの効いていない所に行く、というのを

繰り返すことで頭痛や吐き気など様々な症状をおこすことです。

 

人間の体は、5℃以上の気温の変化に対応できない、と言われています。

 

それで、クーラーの効いた部屋と外の温度差は5℃以上ありますよね。

 

最近はクーラーの温度を28℃に設定しているところが増えましたが、

関東は日中、外の温度は35℃を越えることが

当たり前のようになってきましたよね。

 

ですから、クーラーの効いた部屋と外の気温の差が

5℃以上になることは珍しくなくなりました。

 

それで、クーラーの効いた部屋と外を行き来していると、

体が対処できなくなるので様々な症状が出てきます。

virus_zutsuu

 

 

クーラー病で様々な症状が現れるのは、

体の温度調節に深くかかわる自律神経というものが

正常に働かなくなるからです。

 

また、自律神経が乱れると血液の流れが悪くなるので、

頭痛が起こってしまうのです。

 

そして、自律神経は胃腸に影響を与えやすく、

自律神経が乱れると胃腸の調子が悪くなります。

それで吐き気がしてしまいます。

 

クーラー病による頭痛や吐き気は、

鎮痛剤や吐き気止めなどを飲めば一時的には症状が緩和します。

 

しかし、あくまでも一時的しか効果はありません。

 

薬の効きめが切れたらすぐに頭痛や吐き気が復活します。

 

効き目が切れたら、薬を飲めば症状は緩和されますが、

薬を飲み続けるのはよくありません。

 

体が薬に慣れると効果がなくなりますし、その他副作用なども心配です。

 

 

クーラー病は、クーラーの効いた部屋と外との温度差を

5℃以下にすることで治すことができます。

 

自宅では、クーラーの設定温度を

なるべく外よりも5℃以下にするといいでしょう。

 

ただし、真夏のお昼に外の気温が40度近くになるからと言って、

クーラーの設定温度を35度近くにするのは

暑くて耐えられないですよね。

 

そんな時は、クーラーの設定温度を28℃にしておいて、

外の気温が32℃以下になるまで外出しないようにするといいでしょう。

 

 

職場の場合は、クーラーの設定温度を勝手に変えるのが難しいと思います。

 

職場では一枚余分になにかを着るようにして、

外出するときに脱げば、

少しでもクーラー病をましにすることができますよ。

 

それと同時に自律神経の乱れを調節することも大切です。

 

早寝早起き、朝食はしっかり食べる、朝日を30分以上浴びる、

朝に軽く運動をする、睡眠の質を良くする、などをすれば、

自律神経を整えることができますので、

クーラー病による頭痛や吐き気などの症状を緩和することができますよ。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)