夏バテ 時期

スポンサード リンク



夏バテ 時期 について

 

夏バテになる時期は、梅雨明けから9月末までと言われています。

 

梅雨明けから8月半ばまで、夏の暑さの影響で体力を消耗します。

 

徐々に体力が消耗されていって、疲れが積み重なっていくので、

夏バテの症状が出やすい時期はお盆明けだといわれています。

 

お盆明けに夏バテの症状が出なかったからといって

油断はできません。

natsubate_girl2

 

夏バテにならなかったとしても、まだまだ体力は消耗されますので、

9月になってからも夏バテになる可能性は十分にあります。

 

夏バテの時期は9月までと言われていますが、

ここ数年は10月も暑い日々が続くことが多いです。

 

それで、10月に入ってからも夏バテになる人が増えています

 

ですから、10月に入ったからといっても油断はできません。

 

そして、夏バテは梅雨明けから始まるといわれていますが、

梅雨が明けるまでは夏バテのことを考えなくてもいいのかといえば

そういうわけではありません。

 

梅雨は体調が崩れやすいです。

 

それで、梅雨に体調を崩すと夏バテになりやすくなります

 

ですから、梅雨の体調管理も

夏バテを防止するには非常に大切になります。

 

もちろん、夏に関係なく普段から体調管理をしっかりしておけば、

より夏バテになりにくくなります。

 

ただ、夏バテに注意したほうがいい時期は、

梅雨に入ってからだという事ができます。

 

 

梅雨は疲れやすくなりますが、

それは昼と夜との気温差が大きくなったり、

あるいは日によって気温の差が大きくなったりするからです。

 

ですから、梅雨の時期は体温調整をこまめにするようにすれば、

体力の消耗を防ぐことができます。

 

また、梅雨が明けると気温が高くなるので、

エネルギーの消耗が大きくなって体力を消耗します。

 

また、発汗とともにビタミンを消耗しミネラルが汗とともに出てしまうので、

ビタミンやミネラルが不足しがちです。

また、胃の機能が低下するので食欲が落ちてしまい、

必要な栄養を摂取することができなくなります。

 

そうなると、体力の消耗が激しくなります。

 

それで、バランスの取れた食事を心がけることで、

夏バテを防止することができますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)