エアコン カビ 咳 治療

スポンサード リンク



エアコン カビ 咳 治療 について

 

「暑くなってきたのでエアコンを使い始めたら咳が止まらなくなった!」

そういう場合、エアコンのカビが原因で咳が止まらないのかもしれません。

201311203

 

エアコンはカビが発生しやすい条件が整っています。

 

エアコン内部で温かい空気を冷やしますが、その時に水滴が出来ます。

 

その水滴はしばらくはエアコンの内部に溜められますので、

エアコン内部は湿っています。

 

カビは湿ったところに発生しますよね。

 

ですから、エアコン内部は湿っていますのでカビが発生しやすいのです。

 

エアコン内部にカビが発生している状態で使用すると、

部屋にカビが舞います。

 

 

そのカビを吸い込んでしまうと、カビに感染してしまい、

肺炎や食道炎、気管支炎になる恐れがあります。

 

また、花粉と同じようにアレルギー鼻炎になる恐れもあります。

 

アレルギー反応が肺で起こると、夏型過敏性肺炎という病気です。

 

エアコンから出てくるカビが原因で咳が止まらなくなる場合、

今見てきたように様々な病気が考えられます。

 

しかも、どの病気も高熱が出ることが多く、

症状だけではどの病気なのかを区別するのは難しいです。

 

治療法はそれぞれの病気によって違います

 

ですから、咳が止まらなくなったらまずは病院に行くべきです。

 

病院で処方される薬を飲めば咳を抑えることができるでしょう。

 

しかし、エアコンからカビが出続けると、永遠に咳が止まらない、

という事になります。

 

ですから、エアコン内部のカビをきれいに掃除する必要があります。

 

エアコンのカビは使用する前に暖房運転をしたり送風したりすると、

ある程度は防ぐことができます。

 

しかし、内部のカビをすべて取り除くのは難しいでしょう。

 

また、エアコン内部のカビを取り除く薬品などが売られていますが、

そういったものを使ってもエアコン内部のカビを

完全に取り除くのは難しいです。

 

何年もエアコン内部の掃除をしていない場合は、

一度専門の業者にお願いするといいですよ。

 

だいたい15,000円くらいが相場です。

 

そして、エアコンを毎日使っていればカビは生えにくいですが、

数日使わないとカビが発生しやすくなります。

 

数日ぶりにエアコンを使う場合、まずは15分程度送風か暖房運転をして、

エアコンの内部を乾燥させます。

そして、冷房運転に切り替えますが、しばらくはカビが出てくるので、

15分程度は部屋の換気をします

 

そうすれば、部屋に漂うカビが大幅に減るので、

エアコンのカビが原因の咳を良くすることができるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)