水無月 和菓子 意味

スポンサード リンク



水無月 和菓子 意味 について

 

和菓子の水無月は下のイラストのようなお菓子です。

041419

 

ういろうに小豆をのせ、三角形にカットされた和菓子です。

 

京都では6月30日に「夏越祓(なつごしのはらえ)」という行事が行われます。

 

ちょうど1年の折り返しにあたるこの日に、

今までの半年間(1月~6月)の罪やけがれをお祓いし、

残りの半年間(7月~12月)を病気をせず健康に過ごせるよう祈願します。

 

夏の暑い日々を迎える前に、

罪やけがれをはらっておくという意味もあるようです。

 

この「夏越祓」に食べるのが「水無月」です。

 

この和菓子の小豆、ういろう、三角形の形にはそれぞれ意味があります。

 

小豆は悪魔祓い(あくまばらい)の意味があります。

 

ういろうは氷をあらわしています。

 

室町時代には夏が来る前に氷を口にすると夏痩せしない、

と信じられていました。

 

しかし、冷凍庫がない時代のことです。

氷が非常に貴重なものだというのは想像できますよね。

それで、氷の代わりにういろうが用いられたのです。

 

ちなみに6月30日に水無月を食べる習慣は、

室町時代の「氷の節句(旧暦6月1日)」に

氷を口にして邪気を払っていたことが由来と言われています。

 

また、三角形は氷の形をあらわしています。

 

ですから、1月~6月の罪やけがれをおはらいする小豆と、

7月以降、夏痩せせずに無病で健康を祈る氷が一緒になった

水無月を食べる習慣ができたんですね。

 

 

水無月は、元々は京都の和菓子でしたが、

最近では関東でも見かけるようになりましたね。

 

今までの半年間の邪気払いと今後半年間の無病息災を祈願して

一度、6月30日に水無月を食べてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)