昼寝制度 効果

スポンサード リンク



昼寝制度 効果 について

 

最近、「昼寝制度」を導入する企業が増えている、という事です。

 

午後に昼寝の時間を設ける、という制度で、

昼寝時間は30分~3時間と企業によってまちまちです。

 

では、昼寝制度を導入した企業はどのような効果があったのでしょうか?

suimin_man

 

まず、昼寝制度を導入した企業の効果を見てみると、

経理などの細かい業務でミスが減った、という企業があります。

 

また、昼寝制度を導入しているある会社は、

業績が毎年うなぎのぼりだそうです。

これは、昼寝制度のおかげで業績が伸びているのかどうか、

関連性ははっきりとはしていないみたいですけどね。

 

 

一般的に、昼寝をすることで次のような効果が言われています。

・記憶力や学習能力の向上

・集中力アップ

・疲労回復

・ストレス解消

・心臓病などのリスクの低下

 

お昼ご飯を食べた後はどうしても眠くなりますよね。

 

従来は食べたものを消化するために血液が胃や腸に集まり、

脳の血液が不足するから眠くなる、と言われてきました。

 

しかし最近では、もともと人間は午後になると眠くなるような

体の作りになっている、と言われるようになりました。

 

昼食後に眠くなる理由はともかくとして、

眠くなるとどうしても仕事でミスが増えてしまいますよね。

 

それで、お昼寝をして眠気がなくなれば、

ケアレスミスが減り、細かい作業でのミスが減りそうですよね。

 

それにプラス、記憶力や学習能力、集中力が向上すれば、

かなり仕事の効率が良くなって業績が伸びそうですよね。

 

接客業など業務の都合で

昼寝制度を導入できない企業はあると思いますが、

できるだけ多くの企業が昼寝制度を導入すれば、

ひょっとして景気回復に一役買うかもしれませんね。

 

 

ちなみに昼寝の時間が長いと夜眠れなくなる可能性がありますが、

15時までの30分未満の昼寝なら、夜の睡眠に影響はないそうです。

 

また、30分以上昼寝をすると熟睡してしまい、

起きた後も眠気が続いてしまう、という指摘があります。

 

また、お昼寝の前にコーヒーなどカフェインを飲んでおくと、

20分~30分後にスッキリ起きることができるそうです。

 

カフェインの目を覚ます効果は

摂取してから20分~30分後くらいに出て来るそうですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)