大人喘息 原因

スポンサード リンク



大人喘息 原因 について

 

大人喘息(ぜんそく)の原因は様々なことがあります。

 

一番多い原因は、風邪を放置したことだと考えられています。

201311203

 

大人だと風邪のときに仕事や家事などを休む人は少ないですよね。

 

病院に行かない人も多いと思います。

 

市販の風邪薬を飲むだけ、という人が多いのではないでしょうか?

 

それで、風邪のためにせきが続くと、気管支に炎症ができやすくなります。

 

そこに風邪のウイルスがアレルゲンとなって喘息を引き起こします。

 

また、普段全然気にならなかったハウスダストやタバコの煙などが、

気管支に炎症ができることでアレルゲンになってしまう事もあります。

 

それで大人喘息の症状を引き起こすこともあります。

 

現在は一昔前に比べると労働時間が長くなったり、

あるいはストレスが多くなった、とよく言われています。

 

また、以前なら風邪を引いたときは仕事を休まないまでも

残業なしで定時で帰ることができた、という人は多かったそうです。

 

しかし、最近は人員カットなどの影響なのか、

風邪をひいても残業を断ることができないことが増えた、

という話を聞きます。

 

そうなると、風邪は長引いてしまいがちですよね。

 

であれば、大人喘息になる確率が高くなります。

 

現代は住宅建材に使われる化学物質によって、

一昔前に比べて大人喘息になる人が増えたと言われています。

 

それにプラス労働時間の長期化で、

さらに大人喘息になる人が増えている、と言われています。

 

大人喘息にならないためにも風邪を引いたときくらいは、

残業をせずに定時で帰るようにしたほうがいいです。

 

「風邪を引いたので定時で帰ります。」と上司に言うと、

「風邪くらいで早く帰るのか!(怒)」と怒られることが多いようですけどね。

 

風邪を引いたくらいでは早く帰るのが難しい職場が多いと思いますが、

雰囲気を見て早く帰ることができそうであれば、

帰ってゆっくりしたほうがいいですよ。

 

ちなみに、大人喘息の原因は風邪の放置や

ハウスダスト、タバコの煙以外にも

ダニ、カビ、花粉、大気汚染なども大人喘息の原因になりますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)