心筋梗塞の原因の一つにストレス!そのメカニズムとは?

スポンサード リンク



心筋梗塞 原因 ストレス について

 

心筋梗塞は、心臓を取り巻く血管内の血液の流れが悪くなることで、

心臓の細胞が死んだ状態になる病気ですね。

 

それで、血液の流れが悪くなる原因はいろいろ言われていますが、

その一つにストレスがあります。

201311203

 

ストレスがかかると、全身の毛細血管が収縮します。

 

それで血液の流れが悪くなります。

 

ストレスが続くということは、

毛細血管が収縮している状態が続き、血液の流れが悪い状態が続く、

という事になりますよね。

 

ですから、心臓を取り囲む血管の血流も悪い状態が続くことになります。

 

そういう状態が続くと、心臓に酸素や栄養が送られなくなりますよね。

 

それで、細胞が死んでしまうわけです。

 

心臓の細胞が死んでしまえば、

何らかの異常が起こるのは想像できますよね。

 

それで、心臓に強い痛みを感じたり、呼吸困難になったりするわけです。

 

 

それで、心筋梗塞を予防するには、

ストレスのない生活を送るのが一番ですが、

それはかなり難しいですよね。

 

それで、ストレスがたまったら解放することが大切になります。

 

しかし、ストレス解消のためにたくさん食べたり、

あるいはアルコールをたくさん飲むと、

逆に心筋梗塞の原因を作っていることになります。

 

脂肪分をたくさん食べると、

血液がドロドロになるので流れが悪くなります。

 

また、アルコールを飲むと血液が暴れて血管を傷つけ、

その傷を修復しようと血管にふくらみができます。

そうなると血管の内側は狭くなりますので血液の流れは悪くなります。

 

ストレスを解消するには小説を読むなどして現実を忘れることが

一番良い、なんて言われています。

 

しかし、小説を読むのが苦痛であれば、

逆にストレスをためてしまうと思います。

 

ただ、現実を忘れることのできる事に没頭することで、

ストレスを解消することができるでしょう。

 

何をすれば現実を忘れることができるのか、

それは人それぞれだと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)