帯状疱疹 原因 ストレス

スポンサード リンク



帯状疱疹 原因 ストレス について

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の原因は、

子供のころにかかった水ぼうそうのウイルスです。

 

子供のころに水ぼうそうになって、治ったとしても、

水ぼうそうのウイルスは体の奥深くに潜んでいます。

 

ウイルスは何十年も潜んでいるんですよ。

201311203

 

ただし、ウイルスが潜んでいても免疫力があるおかげで、

帯状疱疹を発症しないんです。

 

しかし、免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが活動をするため、

帯状疱疹を発症してしまうのです。

 

免疫力が低下する原因は様々ですが、その一つにストレスがあります。

 

ストレスは、白血球の異常をもたらす最大の原因と言われています。

 

白血球は細菌やウイルスなど人間の体にとって害になるものを

体外に追い出す働きがあります。

 

つまり、人間の免疫システムにおいて非常に重要な働きをします。

 

その白血球に異常が起これば、免疫力が低下します。

 

ですから、ストレスが原因で免疫力が低下し、

体の奥深くに潜んでいた水疱瘡のウイルスが活動してしまうので、

帯状疱疹を発症してしまうのです。

 

 

免疫力が低下する原因は他に加齢があります。

 

それで、かつては帯状疱疹は50~60歳代に多い病気でした。

 

しかし、最近は20~30歳代でも帯状疱疹になる人が増えています。

 

それは、もちろん食生活の変化や大気汚染などによって

免疫力が低下していることもあると思いますが、

現在社会は以前に比べてストレスが多い事も

若い世代で帯状疱疹が増えた原因の一つと考えられます。

 

ストレスを避け、ストレスが溜まったら解消することは、

帯状疱疹の予防になります。

 

それだけではなく、ストレスで免疫力が低下すると、

様々な病気にかかりやすくなります。

 

健康的な毎日を送るためにも、

ストレスをためないようにするのは非常に重要です。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)