神経痛 原因

スポンサード リンク



神経痛 原因 について

 

神経痛がひどくなる原因の一つに「梅雨」があります。

 

神経痛は抹消神経が骨によって圧迫されていたり

あるいは末梢神経が炎症することなどで起こります。

 

それで、梅雨になると神経痛がひどくなることがあります。

201311203

 

誤解のないようにしてほしいのが、

梅雨が原因で骨が抹消神経を圧迫したり、

抹消神経に炎症ができるわけではありません。

 

梅雨が原因で神経痛の症状が現れることがありますが、

それは梅雨が原因で末梢神経が圧迫されていたり

炎症ができたりするわけではありません。

 

すでにそういった状態だったところに、

梅雨が原因で症状が出た、という事になります。

 

 

梅雨が原因で神経痛がひどくなる理由は、

様々なことが考えられます。

 

 

まず、天気が悪い時はほとんど気圧が低くなっています。

 

ちなみに人間の体は60%以上が水分です。

 

気圧が低くなると、体内の水分が圧力の低い空気中に流れようとします。

 

つまり、体内の水分が体外に向かって流れるようになるので、

体が膨張します。

 

そうなると、抹消神経を圧迫する力が強くなるので、

痛みがひどくなるのです。

 

 

また、血管が膨張すると、

関節や筋肉の周辺では神経が過敏になってしまいます

 

それで、神経痛の症状がひどくなってしまうのです。

 

 

また、梅雨の時期は湿度が高くなります。

 

湿度が高いと発汗がスムーズに行えなくなります。

 

そうすると、体内の水分が外に出ようとしているのに

出ることができないので体が膨張します。

 

そうなると、末梢神経を圧迫する力が強くなるので、

神経痛の症状がひどくなるのです。

 

 

そして、雨が続くと気温が上がらない傾向があります。

 

そうなると、血管が縮みますので、血液の流れが悪くなります。

 

それで、筋肉がこわばるので、神経痛の症状が悪化してしまいます

 

 

梅雨に神経痛がひどくなるのは気象状況が原因なので、

対処できないことも多いです。

 

ただし、体を温めて血液の流れを良くすれば、

ある程度は症状を緩和することができますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)