定期借家契約 更新

スポンサード リンク



定期借家契約 更新 について

 

通常、賃貸住宅に住む場合、契約期間になると更新をしますよね。

 

しかし、定期借家契約すると更新ができません

a0002_011388

 

ですから、原則契約期間終了とともに

その借家から出ていかないといけません。

 

ただし、借りる側(住む人)と貸す側(大家さん)と合意すれば、

再契約することはできます。

 

定期借家契約の場合、契約更新とは言わず、再契約と言います。

 

普通借家契約だと、貸す側はよっぽどの理由がない限り

更新しなくてはいけませんが、

定期借家契約は更新や再契約する義務はありません。

 

ただ、定期借家契約で再契約することは決して珍しくありません。

 

しかし、借りるときには、契約終了とともに退去する必要がある、

と考えておいたほうがいいです。

 

 

普通借家契約(一般的な賃貸契約)の場合、圧倒的に借りる側が有利です。

 

よっぽどの理由がない限り、

途中で借りている人に出て行ってもらう事はできません。

また、よっぽどの理由がない限り

貸している側は契約更新をする必要があります。

 

しかし、それでは一時的に持ち家を開ける場合、

例えば転勤で数年間別のところに住み時期が来たら戻って住みたい場合、

人に貸すことができないですよね。

 

人に貸した場合、元の家に戻ろうと思った時に、

借りている側が「出ていきたくない」と言ったら、

そのまま貸し続けなければいけません。

 

建て替えが必要なほど老朽化していたり、

家賃の未払いがあったり、

貸す側が他に住む場所をどうしても見つけることができなかったり、

そういったよっぽどの理由がない限り

借りている人に出て行ってもらう事はできません。

 

元に戻ってきたから住みたい、という理由では、

借りている人に出て行ってもらう事はできないですし、

契約更新を拒否することができません。

 

よっぽどのことがない限り他に借りることができるからです。

 

 

しかし、それだとしばらく住まない家を有効に活用できないですよね。

 

それで、家を貸す側が好きな時に戻ることができるように

「定期借家制度」が平成12年3月1日に施行されました。

 

この制度だと契約更新や再契約をする義務は貸す側にはありません。

 

契約期間が終了したら、すぐに借りている人に出て行ってもらえます。

 

ただし、これだと借りる側にとって、普通借家制度よりも不利ですよね。

 

そこで定期借家契約は家賃が相場より安いことが多いです。

 

貸す側の立場で考えると、少しでも家賃は高くしたいですよね。

 

ですから、ずっと貸し続けるつもりであれば

普通借家契約にすることが多いです。

 

貸す側が一時的にしか貸したくない、と思っていない限り、

定期借家契約はしないと考えていいでしょう。

 

という事は、定期借家契約したら契約満了とともに

退去しないといけない、と考えておいたほうがいいということになりますよね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)