白血病 原因 ストレス

スポンサード リンク



白血病 原因 ストレス について

 

白血病は血液の元となる細胞の遺伝子の異常が原因です。

 

その、遺伝子の異常の原因はまだはっきりとはしていません。

201311203

 

今のところ、遺伝子の染色体に

ウイルス、活性酸素、放射能、化学物質などが作用して

遺伝子に異常が起こり、白血病になると考えられています。

 

もし、これが事実だとすれば、

ストレスは白血病の原因の一つになり得ます

 

活性酸素が増える原因の一つはストレスです。

 

ですから、ストレスがたまり活性酸素が増え、

そのことが原因で白血病になる、と考えることができますね。

 

また、ストレスが原因で免疫機能は低下します。

 

免疫機能が低下するとウイルスが体内に侵入しやすくなります。

 

それで、そのウイルスが増えて染色体に作用すれば、

白血病が起こるというわけですね。

 

 

また、血液の元になる細胞の遺伝子に

異常が起こっただけでは白血病になりません。

 

細胞の遺伝子に異常が起こったら、通常はその異常を修復するか

修復ができない場合はその細胞を殺してしまいます。

 

しかし、NK細胞(遺伝子異常の細胞を殺す細胞)などが

遺伝子に異常を生じた細胞と正常の細胞を区別できないと、

遺伝子に異常のある細胞を殺さず増えてしまうので白血病になります。

 

それで今分かっているのは、

NK細胞はストレスに弱く、ストレスが長く続くとNK細胞が正常に働かない、

という事です。

 

それで、ストレスの影響でNK細胞が正常に働かないことが原因で、

遺伝子に異常が生じている細胞を殺すことができず、

白血病になるのではないか、とも考えられています。

 

ただし、これが正しいと断定できないのは、

NK細胞が正常に働いていても

血液の元になる細胞の遺伝子に異常が生じていると認識できなので

殺さないと考えることもできるからです。

 

 

これらの理由からストレスが白血病の原因の一つだと

断言することができません。

 

ただし、以上のことを考えても、

ストレスはあらゆる病気の原因になり得ることを考えても、

白血病の原因の一つに十分なり得ます。

 

ストレスをなくすこと、そしてストレスがたまったら解消することは、

健康を維持し病気にならないためにもとっても大切なことですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)