咳が止まらない ストレス

スポンサード リンク



咳が止まらない ストレス について

 

咳が止まらない原因の一つにストレスがあります。

 

職場にいるときは咳が激しいのに、家に帰ると全く咳をしない

という場合は、ストレスが原因であることが多いです

a0002_007492

 

肺やのどに異常がないのに咳が止まらない場合は、

ストレスが原因である場合が多いです。

 

 

ストレスが原因で咳が止まらない場合は、

ストレスをためないようにするのが一番です。

 

とはいっても、現代社会ではストレスをためないようにするのは、

非常に難しいですよね。

 

ですから、ストレス解消するようにしましょう

 

ストレス解消は、小説を読むことが現実を忘れられるので一番良い、

なんていう説があります。

 

ただ、小説を読むのが嫌いな人だと逆にストレスをためてしまいますよね。

 

現実を忘れることができるような夢中になれることをすることが

一番のストレス解消法になるでしょう。

 

それでも全然咳が止まらない場合は、心療内科を受診しましょう。

 

ストレスが原因で咳が止まらない場合、

内科や呼吸器科を受診すると、

風邪が長引いているだけだと誤診される恐れがあります。

 

咳が止まらない原因がストレス以外に心当たりがない場合、

心療内科を受診したほうがいいでしょう。

 

 

また、ストレスが原因でのどが渇くことがあります

 

その場合、のどの乾燥を防ぐことで、咳が出にくくなります。

 

常に飲み物を飲んだり、部屋が乾燥しないようにすると、

咳が出にくくなります。

 

また、のどにほこりが入るのを防ぐことも、咳を防ぐのに有効です。

 

部屋をきちんと掃除したり、マスクをすることで

のどにほこりが入るのを防ぐことができます。

 

マスクはのどを潤し、乾燥を防ぐこともできますので、

咳が出ないようにするには有効です。

 

 

また、ストレスが原因で気管支炎になることがあります。

 

そうなると、職場にいるときだけではなく

家にいる時も咳が止まらなくなります。

 

ストレスだけで気管支炎になることは少なく、

ストレスで気管支炎になりやすい状態になり

そこに喫煙や大気汚染、ウイルスや細菌などが

気管支炎を誘発することが多いです。

 

気管支炎は、最初は乾いた咳ですが、

次第に湿った咳になり、痰がからんだりもします。

 

 

気管支炎の場合、たかが咳だと思って放置していると、

肺炎に進行することがあります。

 

そして、熱が出たり、時には呼吸困難になることがあります。

 

治療も大変になりますから、

早めに内科か呼吸器科を受診しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)