食中毒 症状 発熱

スポンサード リンク



食中毒 症状 発熱 について

 

食中毒の症状の一つに発熱があります

 

食中毒の原因菌によって発熱する場合としない場合があります。

virus_syokuchudoku

 

しかし、食中毒の症状の発熱は

ほとんどの場合高くても38℃前後です。

 

ただし、サルモネラなど一部の食中毒の原因菌で、

40℃以上の高熱を出すこともあります。

 

 

食中毒で発熱するのは、原因菌を退治するためです。

 

食中毒の原因菌は熱を加えると弱るものが多いので、

菌に熱を加えて退治しようとしています。

 

それで、解熱剤などで熱を下げるのは良くない、とされています。

 

あまりにもツラい場合はやむを得ないかもしれませんが、

極力解熱剤を飲まないようにしたほうがいいでしょう。

 

また、高熱が出た場合は入院の必要がある場合が多いです。

 

また、発熱がない場合でも症状がひどい場合は、

入院が必要なこともあります。

 

食中毒になったら、病院へ行きましょう。

 

 

食中毒で死者が出た、というニュースが時々流れますよね。

 

食中毒は特に子供や高齢者は死亡する可能性が高くなります。

 

ですから、早めに病院へ行きましょう。

 

食中毒は治療も大切ですが、予防も大切です。

 

食中毒予防の3原則は「つけない」「増やさない」「やっつける」です。

 

手や食器、調理器具はきちんと洗ってつけないようにし、

食材は低温(冷凍か冷蔵)で保存して増やさないようにし、

食材をきちんと加熱することでやっつけるようにしましょう。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)